九州の大気汚染が劇的改善 新型コロナの影響で汚染物質の飛来が減少か

ざっくり言うと

  • 福岡工業大環境科学研究所が九州山間部の樹氷に含まれる汚染物質を調査した
  • その結果、九州上空の大気汚染が劇的に改善しているとの傾向が判明
  • 新型コロナで中国の活動が止まり、飛来する汚染物質が減ったためとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x