徳島、MF藤原志龍の復帰を発表…昨年9月にポルティモネンセへ期限付き移籍

写真拡大

 徳島ヴォルティスは17日、ポルティモネンセへ期限付き移籍していたMF藤原志龍が契約期間を早期満了し、徳島へ復帰することを発表した。

 藤原は徳島への復帰が決まったことを受け、クラブ公式HPで「また徳島ヴォルティスの一員としてプレーできることを嬉しく思います。成長した姿をファン・サポーターの皆さんに見せられるように、精一杯チームのために頑張ります。今は苦しい時期ですが、一緒に乗り越えていきましょう」とコメントしている。

 なお、藤原は4月9日にポルトガルから帰国した際に保健所の指示でPCR検査をおこない、新型コロナウイルス感染症の陰性反応が確認されている。健康観察期間として4月23日まで大阪府内のホテルで外出自粛をおこない、クラブからの指示で5月7日まで徳島県内で外出自粛を継続。既に体調に変化が無いことは確認されており、18日からチームに合流する予定となっている。

 現在19歳の藤原は徳島の育成組織出身。2017年に2種登録されると、2018年2月にトップチームデビューを果たした。明治安田生命J2リーグでは通算6試合に出場している。