関西Jクラブの選手がウイイレ大会に挑戦

写真拡大

 16日の関西Jリーガーが参加するeスポーツ大会「TOYO TIRES presents Jリーグ eSports ONLINE〜スポーツがいまできること」最終節に出場する選手が決定した。

 今回のeスポーツ大会はサッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2020」を使用したもので、関西4クラブのガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、京都サンガF.C.の所属選手が参加。第2節を終えた時点で、2勝の京都が首位に、1勝1分のG大阪が2位、1敗1分の神戸が3位、3敗のC大阪が最下位に位置している。

 最終節は16日に開催。午後3時の第1試合は、神戸のFW田中順也とC大阪のFW中島元彦が対戦。午後5時の第2試合では京都のDF飯田貴敬とG大阪のDF三浦弦太が対戦する。

 なお、対戦の様子はYoutubeにてライブ配信が予定されている。