Jリーグは1993年5月13日に開幕した

写真拡大

 Jリーグは15日、開幕から27年目を迎え、村井満チェアマンの動画コメントを発表。1993年の開幕当時の国立競技場と、最新の新国立競技場が映し出されている。

 Jリーグは1993年5月15日に開幕し、今年で27年目。新型コロナウイルスにより長期中断が続く中で、村井チェアマンは動画に登場し、その思いを語った。未曾有の事態でも「Jリーグは歩みを止めません」と強調。「たとえスタジアムでサッカーができなくても、スポーツにはたくさんの可能性があることを私たちは知っています」と語り、試合が行われる日常を取り戻すための意気込みを伝えている。

以下、動画内の村井チェアマンのコメント

「27年前の今日、Jリーグは開幕しました。あれから私たちは、56のクラブと理念をともにし、サッカーを通じて社会と関わりながら成長を続けています。いま世界は、新型コロナウイルスというかつてない共通の脅威に直面し、Jリーグは初めて、サッカーのない5月15日を迎えています」

「このような状況の中で、我々の生活を支えてくださっている医療分野や物流、公共交通機関など、最前線で従事される方々に改めて感謝申し上げます。スポーツを愛するすべての人々と、地域で暮らす、すべての人々の安全、そして皆さまのご協力なくして、スタジアムで再開することはできません」

「Jリーグは歩みを止めません。たとえスタジアムでサッカーができなくても、スポーツにはたくさんの可能性があることを私たちは知っています。ホームタウンをピンチに強く優しい町にしていくこと、誰かを勇気づけ笑顔にすること、無限に広がるスポーツの未来を育むこと、誰よりも、私はその可能性を信じています」

「Jリーグにできること、Jリーグだからできること、これから広がる新しい風景を、ともに創っていきましょう」

https://youtu.be/ELOOLsfZfag