Jリーグ開幕から27年が経過した

写真拡大

 Jリーグは15日、開幕から27年目を迎えた。村井満チェアマンがコメントを発表している。

 Jリーグは1993年5月15日のヴェルディ川崎対横浜マリノスの試合で幕を開け、今では39の都道府県で56のクラブが存在している。しかし現在、新型コロナウイルスにより未曾有の中断期間が続いており、今年の“Jリーグの日”はサッカーから離れた状況となっている。

 村井チェアマンは「このような困難な状況の中で、私たちの生活を最前線で支えてくださっている医療分野や物流、公共交通機関などに従事される方々に改めて感謝申し上げます」と最初に伝え、スポーツの持つ可能性について語った。

「今、世界中で、新型コロナウイルスという、いまだかつて経験したことのない脅威に直面し、Jリーグは初めて、サッカーのない5月15日を迎えています」

「現在、Jリーグは試合を中断していますが、多くのファン・サポーターの皆さまの期待に応えるべく、選手たち、クラブ関係者、リーグスタッフ、パートナーの皆さまなどと手を携え、ワクワクするようなサッカーをお届けする日を目指して、全力で準備を進めています」

「私は、スポーツが持つ可能性を、誰よりも信じています。スポーツは、地域の子どもたちに笑顔や夢や希望を与えることができるかもしれません。ご高齢の皆さまには、健康と生きがいをお届けすることができるかもしれません。最近では、シャッター通りも目立つ地方都市に、にぎわいを取り戻すことができるかもしれません」

「スポーツを愛する皆さま、地域を愛する皆さまと一緒なら、どんな困難も乗り越えられると信じています。前を向いて、今『Jリーグにできること』を常に考え、これから広がる新しい、希望に満ちた風景をともにつくっていきましょう」