5月15日は「Jリーグの日」…2016年に震災経験の熊本がSNSで“誕生日”祝う「忘れられない日」

写真拡大

 ロアッソ熊本が15日、クラブ公式ツイッターで「Jリーグの日」を祝った。

 Jリーグは、1993年5月15日に開幕節が行われた。そのため、毎年5月15日は「Jリーグの日」として、多くのファンに親しまれている。

 また、熊本にとっても「5月15日」は特別な日だ。2016年4月に発生した熊本地震の影響で、熊本は明治安田生命J2リーグの5試合を延期。そして、同クラブが36日ぶりにJリーグの舞台に帰ってきたのが、2016年5月15日の第13節・ジェフユナイテッド千葉戦だった。

 熊本は15日にクラブ公式ツイッターを更新。今年は新型コロナウイルスの影響で「サッカーのない5月15日」を迎えているJリーグの27歳の“誕生日”を祝った。

「本日5月15日は1993年にJリーグが開幕した日。Jリーグキングの誕生日。ロアッソ熊本にとっては、2016年4月の熊本地震後、Jリーグへ復帰した忘れられない日。今シーズンもリーグ戦が未定の状況ですが、スタートできる日を」

https://twitter.com/roassoofficial/status/1261092547402727424