Microsoftで中東およびアフリカ向けのOpen Source Leadを務めるAdir Ron氏は5月11日(米国時間)、「Adir Ron posted on LinkedIn」に投稿したインフォグラフィックにおいて、Microsoft AzureにおけるVMコアの半数以上でLinuxが使われていると伝えた。投函されたインフォグラフィックは、Microsoft AzureにおいてLinuxが重要なポジションにあることを示している。

インフォグラフィックに掲載されている主な注目点は次のとおり。

Azure Marketplace Imagesの60%以上がLinuxベースのイメージで占められている

Microsoftの顧客トップ100がMicrosoft AzureでLinuxワークロードをデプロイしている

VMコアの50%以上がMicrosoft AzureでLinuxを実行している

Azure向けの調整されたカーネルは25%高速なネットワークスループットを実現する

Microsoftはすべての主要Linuxディストーションをサポートしている(Red Hat、SUSE、Ubuntu、Oracle Linux、Debian、CentOS、CoreOS、OpenSUSE)

MicrosoftはFreeBSDをサポートしている

Microsoft AzureはAzure Kubernetes ServiceとAzure Red Hat OpenShiftという2つのKubernetesオーケストレーションサービスをサポートしている

Microsoft AzureにはLinuxベースのハイパフォーマンスコンピューティングや人工知能ワークロードのニーズをサポートする拡張機能を持っている

Adir Ron posted on LinkedIn

Microsoftは以前からMicrosoft Azureにおけるオープンソース・ソフトウェアのサポートに取り組んできた。2020年5月の末に公開が予定されているWindows 10の次期フィーチャーアップデート版にはLinuxバイナリを実行するための新しい技術「WSL2」の搭載が予定されているなど、MicrosoftはLinuxに関連した機能やサービスの強化を継続している。