Microsoftは5月13日(米国時間)、「Announcing Windows 10 Insider Preview Build 19628 | Windows Experience Blog」において、「Windows 10 Insider Preview Build 19628」をファストリングにリリースしたと伝えた。このバージョンにはDNS over HTTPSの初期サポートが追加されており、WindowsがDNSクエリを実行する時に暗号化を利用できるようになる。

DNS over HTTPS(DoH)はセキュリティを強化する機能の1つとして注目されている。賛否両論ある技術ではあるが、Windows 10で使用できるようになる意義は大きい。Microsoftは「Windows Insiders can now test DNS over HTTPS - Microsoft Tech Community - 1381282」においてこの機能を使用する方法を説明している。

Windows Insiders can now test DNS over HTTPS - Microsoft Tech Community - 1381282

DNS over HTTPSを有効にする方法は次のとおり。

レジストリエディタを起動

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dnscache\Parametersへ移動

EnableAutoDohという名前でDWORD値を作成

EnableAutoDohの値を2に設定

DNSサーバをDNS over HTTPSに対応したサーバに設定

システムを再起動

DNS over HTTPSに対応しているとされるDNSサーバのIPアドレスは次のとおり。

「Windows Insiders can now test DNS over HTTPS - Microsoft Tech Community - 1381282」では、DNS over HTTPSを使っていることを確認する方法も説明されている。