動脈硬化、脳梗塞、がんetc.病気と闘う力が高まり、免疫力も上がる!! 玉ねぎのすごい薬効

 アメリカ国立がん研究所が、食べ物でがんを防ぐ目的で世界中の食材を研究した「デザイナーフーズ計画」では、玉ねぎはトップクラスの評価を受けている。

 特に胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器系がんに対して予防効果があることから、「がん予防の切り札」とも言われる。

 麻布医院院長の髙橋弘先生も、がん予防対策として玉ねぎをお勧めする医師の1人である。

 アメリカのハーバード大学でがんや免疫療法に関する研究を行い、帰国後に自身が考案した野菜スープなどを推奨し、生活習慣病の予防や改善に役立てている。

「玉ねぎの薬用効果は、オランダの疫学研究がきっかけで広く知られるようになりました。玉ねぎが心臓病の発症リスクを下げることが明らかになり、他の国でも研究が盛んになりました。そして、玉ねぎに含まれるファイトケミカルに、様々な薬用効果があることが分かりました」(髙橋先生)

 ファイトケミカルは、野菜や果物といった植物が持つ色素や苦味、渋味、香り、辛味などの成分である。特に珍しい植物にあるわけではなく、リコピン(トマト)やイソフラボン(大豆製品)、アントシアニン(ブルーベリー)など、普段、食べている野菜や果物に多く含まれている。そして、玉ねぎには、「イソアリイン」と「ケルセチン」という2つのファイトケミカルが含まれている。

★体を調整する第7の栄養素

 老化や病気の発症に関わる活性酸素の除去、有害物質の排除、がんの予防など、ファイトケミカルには体の様々な機能を調整し、免疫力を高める働きがあることが分かっている。そのため、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維に続く「第7の栄養素」とも呼ばれる。

「5大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)は、体を構成するのに欠かせない成分やエネルギー源を作りますが、摂りすぎると病気の原因にもなります。生活習慣病はその例の1つです。しかし、ファイトケミカルには生活習慣病の予防や改善に役立つ力が備わっているので、普段の食事でも積極的に取り入れるべきなのです」(髙橋先生)

 玉ねぎに含まれるファイトケミカルのイソアリインはイオウ化合物の一種で、刻まれたり、空気にさらされたり、加熱するなどして細胞が壊れると、玉ねぎ内に含まれる酵素の作用でイソアリシンに変化する。これが玉ねぎ特有の刺激臭や辛味のもとになる。

 イソアリインには高い抗酸化作用があり、細胞を傷つけて病気や老化を引き起こす物質や活性酸素を取り除く。特にLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぐ作用があるので、動脈硬化などの予防に高い効果を発揮する。

★皮に含まれるケルセチン

 一方、ケルセチンは多くの植物にあるポリフェノールの一種で、玉ねぎの茶色い薄皮に多く含まれる色素成分である。血小板が固まるのを阻み、血液をサラサラにする働きがある。

「玉ねぎのスープを飲んだところ、血小板の凝集作用が有意に低下したという報告もあります。血液がサラサラになることで動脈硬化の進行が抑えられ、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながります。玉ねぎの皮を煎じて飲むと高血圧が改善するという民間療法もありますが、これもケルセチンの影響が大きいのだと思われます」(髙橋先生)

 ケルセチンにも強力な抗酸化作用があるので、脳や心血管系疾患の予防にも大きく貢献すると考えられている。フィンランドが行った疫学調査では、「ケルセチンの摂取量が多い人ほど、脳血管疾患の発症リスクが低下した」という結果が出ている。