元ブラジル代表FWのエジウソン氏

写真拡大

 現役時代に柏レイソルなどで活躍した元ブラジル代表FWのエジウソン氏が、現代サッカーの3大スターと言われるバルセロナFWリオネル・メッシ、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド、パリSGFWネイマールよりも自分の方が優れていた主張した。スペイン『FCバルセロナ・ノティシアス』が伝えている。

 過去にブラジルの複数クラブや柏でプレーしたエジウソン氏。ブラジル代表では2002年の日韓W杯メンバーに選ばれ、得点こそなかったものの、4試合の出場で優勝に貢献した。

 母国テレビに出演したエジウソン氏は自身と3選手の決定的な違いとして、W杯の優勝経験を挙げている。

 ネイマールとの比較では「私の全盛期はネイマールよりも優れていた」と振り返り、「私よりも優れているとするなら、ワールドカップで優勝しなければならない。私には個性がある」と付け加えた。

 続けてメッシに対しても「私を超えるには、同じく世界チャンピオンでなければならない」と指摘し、C・ロナウドについては「彼はパワーだけだよ。右からも左からもシュートを打つんだ。彼よりも私の方が上手い」と批判的に述べた。