5月17日、東京競馬場でG汽凜クトリアマイル(芝1600m)が行なわれる。

 今年の大きなポイントは、「現役最強馬」の呼び声高いアーモンドアイ(牝5歳/美浦・国枝栄厩舎)の出走だ。3歳時のG欺華賞(2018年)以後は、牡馬混合のG気鬘祇錣靴藤馨,靴討り、今回は約1年7カ月ぶりの牝馬限定戦への出走になる。

 牝馬限定の3戦(G戯花賞、G汽ークス、G欺華賞)はすべて勝利。長い日本競馬史においてもトップクラスに位置する馬だけに、ドバイ国際競走中止による予定変更があったとはいえ、中心視せざるを得ない。アーモンドアイは外せないが、競馬は3着までに入れば馬券になるため、血統面で気になる人気薄馬もチェックしておきたいところだ。

 まずはビーチサンバ(牝4歳/栗東・友道康夫厩舎)。重賞勝ち鞍がない1勝馬だが、G戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ(阪神/芝1600m)3着、G競蹇璽今咫丙綽澄深1800m)2着など、重賞レースでの好走も多い。阪神ジュベナイルフィリーズは、ダノンファンタジーとクロノジェネシスから1/2馬身+クビの0秒2差だっただけに、G気脳絨盟茲い鬚垢詢呂呂△襦


芝1600m戦で安定した走りを続けているビーチサンバ

 今回と同じ東京の芝1600m戦でも、2歳時のG轡▲襯謄潺坑咾妊轡А璽鵐哀薀鵐弔ら1/2馬身差の2着。G轡イーンCでも、のちの秋華賞馬クロノジェネシスからクビ差の2着に入っている。芝1600m戦では6戦して1勝、2着2回、3着1回と安定しているが、今回の「東京/芝1600m」がベストの条件と言えるだろう。

 血統は優秀だ。母フサイチエアデールはG僑敢侈毒脇段漫西(現フィリーズレビュー:阪神/芝1400m)など重賞4勝、G毅加紊3回の実力馬で、全兄フサイチリシャールはG議日杯フューチュリティSの勝ち馬。さらに、いとこクロノロジストの娘ノームコアは昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬で、その妹が前述の秋華賞馬クロノジェネシスという牝系だ。

 父クロフネの産駒も、2012年にホエールキャプチャが同レースで勝利し、翌年も2着。2009年にもブラボーデイジーが2着に入っているなど、母系、父系双方から押せるポイントがあるだけに、大駆けに期待したい。

 もう1頭はシャドウディーヴァ(牝4歳/美浦・斎藤誠厩舎)を挙げたい。

 このレースが得意な血統のひとつが「デインヒル」だ。昨年の勝ち馬ノームコアの父、ハービンジャーの父系祖父がデインヒルで、昨年の2着馬プリモシーンの母の父、ファストネットロックの父もやはりデインヒル。さらに、2008年の勝ち馬エイジアンウインズの母の父でもあり、2015年、2016年の勝ち馬ストレイトガールの祖母の父にもその名を見せる。

 シャドウディーヴァは、母の父ダンシリがハービンジャーの父でもあり、デインヒル産駒という血統背景だ。父ハーツクライの産駒では、2018年にリスグラシューが2着に入っている。

 まだ重賞勝ちがないが、昨年のG競侫蹇璽蕋咫陛豕/芝2000m)でハナ差の2着、今年のG慧豕新聞杯(東京/芝1600m)でも1/2馬身差の2着に入った。その2レースを含めて東京コースでは7戦し、4着以下は0秒5差で6着になったG汽ークス(芝2400m)だけと、安定した成績を残している。前走のG矯綽戚毒錬咫丙綽澄深1600m)では12着と大きく敗れたが、得意コースで巻き返しに期待したい。 以上、推奨した2頭は重賞未勝利馬だが、ヴィクトリアマイルは2017年のアドマイヤリード、2018年のジュールポレールなど、近年は重賞未勝利馬の優勝も目立っている。実績だけで除外せず、しっかり注目しておこう。