自宅での時間が増えるなかで、調理を手伝ったり、自炊に挑戦しているという人も多いのではないだろうか?忙しいさなかに短時間でおいしく食べられる料理、下ごしらえがものをいう食材や予算を絞っても飽きないレシピ、電子レンジだけで作る究極の料理ーーふと考えると、日々の生活のなかでこれほど多様なものも無い。健康にも大きく影響する「食」の情報、うまく管理したいものだ。

パナソニックは、5月12日より食をテーマとしたコミュニティサービス「EATPICK」をWebでスタートした。食という人に欠かせない話題を中心に豊かな食生活と健康管理、食をテーマとしたコミュニティの活性化を図る。

食のコミュニティサービス「EATPICK」(公式Webサイト)

食を話題にコメントができる「コミュニティ」機能やコミュニティでフォローした内容やお気に入りデータをタイムラインで一覧確認できる「マイルーム」機能、日々の食事データを残せる「パーソナルカレンダー」機能などを活用することで自己の健康管理、食の情報管理にも役立つ仕組みを提供している。

自分だけの「食」の情報が集まる「マイルーム」(同社資料より)

毎週木曜日の更新の食に関するお役立ち情報やレシピを提案する「EATPICK ナビ」は、日常の食生活の課題解決に役立つ情報を掲載予定。現在、子育て応援献立が多数掲載されている。また、コミュニティで話題になった料理を購入できる「EATPICK marché」なども用意している。パナソニックは、レシピとキッチン家電が連携するアプリ「キッチンポケット」を運用しており、これらの食に関する知見が今回のサービスにつながっている。サービスの利用は無料で、会員登録が必要となる。

「EATPICK marché」(同社資料より)