昨年の暮れ以来、アーモンドアイ(牝5歳)は”不運”続きだ。

 始まりは、12月の香港遠征の予定を、熱発によって直前に回避したことだった。続いて、香港遠征の代わりに出走したGI有馬記念(12月22日/中山・芝2500m)でボロ負け。さらに今年の3月、ドバイの国際競走に出走するため、現地まで行って調整していたにもかかわらず、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、国際競走そのものが急きょ中止になってしまった。

「二度あることは三度ある」とはいえ、こうもよくないことばかりが連続して起こると、関係者は「どこかで、お祓いでもしなきゃ」といった心境にもなるのではないか……。


アーモンドアイは「現役最強馬」としての強さを示せるか

 そのアーモンドアイが、5月17日に行なわれる「春の女王決定戦」GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)に出走する。

 直前の調整は「順調」と伝えられている。アーモンドアイの体調に関しては、「普通の状態でさえあれば、それ以上よくなる必要はない」というのが、そもそもの陣営の考え方。GI6勝を挙げ、牡馬トップレベルをも楽々と蹴散らすこの馬の能力には、陣営もそれぐらい絶対的な自信を持っている。

 常識的には、ここは”確勝”だろう。

 ただ、ドバイの国際競走が中止になったことで、アーモンドアイは使いたいレースを使えなかった。そのことは事実であり、レースで走っていないにもかかわらず、海外への輸送をこなし、帰国後には長い検疫も課せられた。

 これが、肉体面、精神面に及ぼす影響はないのだろうか。

 あくまでも重箱の隅をつつくレベルだが、いかにアーモンドアイとはいえども、不安や心配が一切ないわけではない。

 第一、昨年末の熱発後に挑んだ有馬記念の際にも、陣営はレース直前、軽症であることを強調し、状態は「いつもどおり」と公言していながら、あの体たらく。4角で”らしくない”止まり方をして、16頭中の9着に敗れている。

 この時の敗因については、「距離が長かった」という声もあるが、程度のほどはともかく、熱発で順調さを欠いたことが影響したのは、確かだろう。

 無論、その時と今回がまったく同じ状況というわけではない。それでも、順調な過程を踏んできていないことは明らかで、使いたいレースを使えず、急きょ矛先を変えてきたという点は、有馬記念の時と同じだ。

 その時の「らしくない負け」がまだ記憶に新しいゆえ、「確勝と」は思いつつも、やはり一抹の不安は残る。

「それに、使うレースがマイル戦というのも、心配な点です」

 そう語るのは、競馬専門紙の記者である。

 アーモンドアイの戦歴を振り返れば、桜花賞まではマイル戦を3連勝しているが、それ以降は、2000m前後の中距離戦を中心に使われてきた。そして、その間に一度、昨春のGI安田記念(東京・芝1600m)でマイル戦に出走。そこでは、3着に敗れている。

 態勢が整っていなかったデビュー戦を除けば、アーモンドアイが敗れたレースは2回だけ。その1回が有馬記念で、もう1回がこの安田記念である。

 思えば、安田記念ではスタート直後に大きな不利を被っている。しかしながら、「それだけが敗因ではない」と、前出の専門紙記者は言う。

「マイル戦を3勝していますから、『適性がない』とは言いません。でも、2000m前後のレースを中心に使われてきた今のアーモンドアイには、マイル戦はせわしないんです。昨年の安田記念にしても、それ以前のアーモンドアイであれば、あれぐらいの不利があっても、ほとんど問題にしないで勝っていたと思います。

 マイル戦と2000m以上の競走では、レースの初速が違いますからね。おそらくアーモンドアイも、それ(久しぶりに体感したマイル戦の初速)に戸惑ったのではないでしょうか。それが、安田記念における『わずかに届かず……』という結果につながった。私は、そう見ています」

 今回のヴィクトリアマイルも、マイル戦。しかも、その前に走ったレースが2500mの有馬記念だったため、「再びレースの初速の違いに対する戸惑いは大きいはず」と、専門紙記者は分析している。

 と、そこまで言いながら、「それでも、ここは勝つ」と同記者は断言する。

「GIで牡馬相手に通用する馬が、今回の出走予定メンバーの中に何頭いるのか? ということですよ。そう考えれば、アーモンドアイの能力は、ここでは二枚も、三枚も、いや五枚ぐらいは抜けている。出遅れやイレ込みなどのアクシデントはあるかもしれませんが、ここでは、そんなことをモノともせずに勝つはずです」

 聞くところによると、「アーモンドアイはここを勝って、次のレースとして、安田記念(6月7日)を視野に入れている」といった話もあるという。

 ならば、ここは負けられない。いや、負けないだろう。

 それでもなお、気がかりなのは、体調面や距離に対する不安などではなく、昨年末以来、アーモンドアイに降りかかる”不運の連続”である。 はたして今回、アーモンドアイはその忌まわしい状況に終止符を打てるのか。もちろん、すべての”不運”を吹き飛ばすような快走を、個人的には期待している。