髪型の変遷を投稿した鈴木武蔵。写真:徳原隆元

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌に所属する日本代表FWの鈴木武蔵が5月12日、自身のインスタグラムを更新し、3枚の秘蔵写真を投稿した。

「ここ数年の髪型。バルデラマ、坊主、ちょんまげ」というコメントとともに公開したのは、コロンビアの英雄バルデラマのようなアフロ風な髪型、坊主に眼鏡姿、そしてちょんまげヘアー姿で愛息を抱えた3枚だ。

 この投稿にファンから以下のようなコメントが寄せられた。

「めちゃくちゃ全部カッコいい!ジュニアももうカッコいい」
「もはやモデルさんのインスタですね」
「おしゃかっこいい」
「どれも素敵」
「もーーサイコーな親子モデル」
「1枚目から。チャラい→怖い→良いパパ。笑」
 
 また武蔵自身も「#バルデラマ好きと繋がりたい」と記したため、「バルデラマのリズム大好きでした」「コロンビアにはイギータから入った派です」「バルデラマなら、もう少しヒゲも育てて行かなきゃですね!」などのコメントも寄せられている。

 昨季はリーグ戦で自己最多となる13ゴール数を記録したFWは、コロナ禍のなか、児童養護施設の児童とオンライン上で交流したり、フードロス問題の解消のための特設サイトに賛同したりする一方、女装写真を投稿するなど、さまざまな挑戦を行なってきた。Jリーグが再開された時に、どんな髪型で登場するのかも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部