もちろんアルゼンチン代表のメッシもスタメン入り photo/Getty Images

写真拡大 (全2枚)

欧州史上最高イレブンと南米史上最高イレブンが戦えば、どちらが勝つだろうか。サッカーファンならば1度は議論したい内容だ。

今回スペイン『MARCA』のアナリストを務めるフリオ・マルディーニ・マルドナード氏が欧州と南米の史上最高イレブンをそれぞれ作成。どちらが強いかを検証している。

・欧州史上最高イレブン

GK
イケル・カシージャス

DF
リリアン・テュラム
フランツ・ベッケンバウアー
セルヒオ・ラモス
パオロ・マルディーニ

MF
エウゼビオ
ボビー・チャールトン
ヨハン・クライフ
ジョージ・ベスト

FW
クリスティアーノ・ロナウド
マルコ・ファン・バステン

・南米史上最高イレブン

GK
ラディスラオ・マズルケビッチ

DF
カフー
エリアス・フィゲロア
ダニエル・パサレラ
ロベルト・カルロス

MF
ペレ
アルフレッド・ディ・ステファノ

FW
ロナウジーニョ
ディエゴ・マラドーナ
リオネル・メッシ
ロナウド

以上が同氏の選んだベストイレブンだ。すでに引退している選手も多く、全員が本職のポジションに配置されているわけではない。やはり両チームとも優秀なアタッカーが多すぎるため、アタッカーを多く選ぶ流れとなるのだろう。

南米の方はウルグアイ史上最高のGKと言われた故マズルケビッチ氏、世代最高級センターバックと評されたチリのフィゲロア氏が入るなど渋い選出もある。

同メディアはどちらが強いと思うかアンケートを取っているのだが、結果は想像以上に大差がついている。

南米が勝つと答えた人が67%で最多、欧州が勝つと答えた人が21%、引き分けが12%という結果だ。やはり南米の方はロナウジーニョ、マラドーナ、メッシ、ロナウドで構成される攻撃陣が驚異的か。欧州のDF陣でも彼らを抑えるのは無理かもしれない。

実現することのない戦いではあるものの、こうした比較も面白いものだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/