遠藤さくら/撮影:新田君彦

写真拡大

【モデルプレス=2020/05/12】乃木坂46の遠藤さくらが20日発売の「non-no」7・8月合併号よりノンノ専属モデルになることがわかった。

【写真】乃木坂46遠藤さくら・賀喜遥香・掛橋沙耶香・田村真佑・筒井あやめ、ショートパンツでスラリ美脚全開

グループ4期生で新時代のホープとしてひときわ注目を集める存在に、以前からゲスト出演するたびに熱いラブコールを送っていた編集部の願いが実現。

創刊49周年記念となる同号では、『新ノンノモデル・遠藤さくら主演 夏のピンクはエモーショナル』と題した8ページにわたるファッションストーリー企画に登場し、フレッシュなオーラが輝く表現力を発揮。また、専属決定の報告記事では今後への意気込みや自己分析、マイブームなど透明感あふれる18歳の素顔を語っている。

◆遠藤さくら&「non-no」編集長コメント


遠藤は「この春高校を卒業して、これからより一層頑張っていこうと思っていたときに、専属モデルというお話をいただいて、さらに身の引き締まる思いです」と心境を明かし、「まだまだモデルとしては未熟ですので、ノンノモデルの先輩方から沢山のことを学び、自分も成長し、素敵なファッションやメイクをお届けできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします!」と意気込んだ。

同誌の花輪夏江編集長は「遠藤さんにはこれまでに二回、ファッションとビューティ企画にゲスト出演して頂いており、服を着こなす上での全身バランスの良さに加え、笑顔からアンニュイな表情まで、18歳とは思えない表現力の幅の広さに目を奪われてきました。撮影を担当した編集部スタッフからは『待ち時間は和やかなのにカメラの前に立つと集中力がすごい!』『衣装やメイクに合わせて表情やポージングをくるくる変えてくれるので、シャッターを切るたびに歓声が起こった!』と絶賛の嵐です」と絶賛し、「来年で創刊50周年を迎える『non-no』ですが、遠藤さんと一緒にひとりでも多くの方に幸せな時間をお届けできればと思っています」とコメントした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】