会議アプリZoomで会見を行なう村井チェアマン。(写真は会議中のスクリーンショット)

写真拡大

 Jリーグの合同実行委員会が5月11日に行なわれ、その後ウェブ会見が実施された。Jリーグの村井満チェアマンは、他国でリーグが開催されているなか、Jリーグ再開への道筋を示した。

 同日の午前中に行なわれたJリーグとNPB(日本野球機構)共同の第7回新型コロナウイルス対策連絡会議において、専門家チームからは「緊急事態宣言が解除されるまではリーグ再開は厳しい。また解除の状況を見てからでないと具体的な再開日程は決められない」「解除された後もコロナウイルスの再流行があり得る」「再開への基準、ガイドラインの作成、また再開後のガイドラインも考える必要がある」などのアドバイスが出ていた。

 その後に行なわれた実行委員会後の会見に出席した観戦環境対策プロジェクトリーダーの藤村昇司氏は「これまでは予防、対策面でのプロトコルがメインだった。今後は『観客数を抑えながら再開した場合は』『無観客では』『試合前後の移動では』などより具体的なプロトコルを集約し、Jリーグ全体の再開へのガイドラインを作成していく段階」だとした。さらに「無観客試合でも、ブンデスリーガではスタジアムに来る人数を減らすようにし、スタジアム内でもゾーニングをして、このエリアには誰が入れるかとか、時間差をつける。ロッカールームが密にならないようになど、いろいろと実例もあります」と説明する。
 
 実際に開幕した韓国のKリーグや、欧州の各リーグの情報を収集しながら、約40ページに及ぶプロトコル作成が始まっているという。その一方で、公式戦や練習を開始した他国のリーグではPCR検査など「全選手への検査」が行なわれている。

 村井チェアマンは「特任理事の播戸竜二氏から選手の声として、しっかり検査を済ませたうえで再開してほしいという意見がある」「本来であれば、試合、練習にはPCR検査を済ませてから行うようにするべき」「検査体制を整えていく必要性は感じている」と語る一方で、「国民に十分検査がいきわたっていない状況も認識している」「移動、宿泊などについては準備を行なっていけるが、検査については我々だけではできない」と再開に向けた課題も示し「日常の健康管理が極めて重要で、検査というのも確実に万能ではないなか、健康管理などを今はしっかりとやり、検査体制が整うのを待つ」と語った。

 今後のリーグ再開については「日程については議論されなかった」ことを明かし「21日に行なわれる政府の専門家会議の見解を伺ってから、22日の連絡会議(第8回新型コロナウイルス対策連絡会議)がひとつのポイントになる」と見通しを示した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部