米コロンビア大学医学部外科教授で「とくダネ!」コメンテーターの加藤友朗医師(57)は新型コロナウイルスに感染し、3週間も意識不明のまま生死の境をさまよっていた。重篤状態を脱し、現在はリハビリ中だという加藤医師が、「脳出血」「腎不全」「PTSD」などのコロナウイルスの「後遺症」について警鐘を鳴らした。

3月19日(2020年)、突然激しい筋肉痛に襲われた加藤医師。翌日、自宅待機中に38.7度の発熱があり、検査で陽性と判明した。25日、シャワーを浴びている途中に呼吸困難になり、入院した。翌日、一気に容態が悪化し気管内挿管をしたが、そこからの記憶は全くないという。

コロナの肺炎は急にきて、気づいたら人工呼吸器

「コロナウイルスの肺炎は急にくるのです。ハッピー低酸素症と言われ、低酸素状態でも症状があまり出ない。僕も(急変する)直前までテキストメッセージで麻酔科の先生に相談なんかしていました。そこから一気にボロボロで。この辺はもう覚えていないのですが、人工呼吸器を付けた数日後にはECMO(エクモ=人工肺装置)につながれました」(加藤医師)

4月15日にようやく目覚めた後も、コロナとの戦いは続いた。「腎不全が残っていし、軽いクモ膜下出血もあって...。トータルで4週間入院して、そのうちの3週間は人工呼吸だから、びっくりするほど筋肉がなくなってしまう。最初は立つことも寝返りもできなかった」と加藤医師。喉が渇いてしょうがない症状も続いている。前触れなく急変した恐怖からPTSD(心的外傷後ストレス障害)にも悩まされている。

生還しても脳や心、感覚に障害が残る人が多い

加藤医師「生存者の中には脳梗塞を起こしたり、脳出血したり、障害が残ってしまう人はいる。必ずしも、生き延びたら健康に戻るとは言えないです。味覚障害や嗅覚障害など、コロナは色々な症状が1度に起こる。『コロナウイルス肺炎』ではなく『コロナウイルス症候群』と呼んだ方がよいかもしれない」

司会の小倉智昭「日本は今、自粛が緩んでくると言う話もありますが、大丈夫でしょうか」

加藤医師「ニューヨークは悲惨でした。西海岸は武漢型だったのですが、イタリア型のウイルスが感染を加速させたと言われています。日本にもイタリア型のウイルスが入ってくると厳しくなると思います」