オンライン学習が本格普及へ!日本マイクロソフトが東京都教育委員会と都立学校における学習支援サービスの活用に向けた協定を締結

写真拡大 (全4枚)

日本マイクロソフトは、東京都教育委員会と協定を締結し、都立高等学校・特別支援学校などの都立学校全247校のすべての生徒(約16万人)と教員(約2万人)が利用する、学習支援サービスを2020年5月より提供すると発表した。

東京都教育委員会は、双方向のオンライン学習等を円滑に実施できる環境の整備と、生徒の学習支援を目的として、「Microsoft365Education」を採用。2020年5月中旬より、オンライン学習や教員・生徒のコミュニケーションにおいて、Microsoft365Educationに含まれるコラボレーションツール「MicrosoftTeams」等が活用される。

■都立学校がMicrosoft365Educationを活用して実施する学習支援の例
・個人面談
・教員と生徒による学級会やホームルームの開催
・自宅にいる生徒に対してオンライン授業や学習指導を実施
・教員から生徒に課題を配信し、生徒から課題を提出
※すべての都立学校で実施するわけではない点に注意

■日本マイクロソフトの役割:
・学習支援サービスとして、Microsoft 365 Educationを提供
1日も早くオンライン学習の環境を構築するため、2020年5月からOffice 365 Educationを提供、2020年11月よりMicrosoft 365 Educationに切り替える

・2020年5月から都立学校でオンライン授業や教員・生徒のコミュニケーションが図れるように、すべての生徒と教員が利用するアカウントを作成し、MicrosoftTeamsの初期設定を実施
都立学校の教員と生徒が、Office365Educationを円滑に利用できるようにするためのオンライン研修を実施するとともに、アカウント管理やTeams利用に関する技術的な問い合わせ対応を実施

新型コロナウイルスの感染拡大によって、教育が大きく変わろうとしている。コロナ禍と呼ばれるように不幸な側面が大きいが、今回のような試みが進んでいくことは教育によるICT活用の促進へと直結していることなので、この試みがうまくいけば今後、日本の教育事情が大きく変化するきっかけとなるかもしれない。


■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook■ITビジネスに関連した記事を読む
・富士通がJAXAの新スーパーコンピュータシステムを受注!19.4ペタフロップスの超速スーパーコンピュータが登場する見込み
・あずさ監査法人が一橋大学との共同研究により機械学習を活用しAIによる会計不正リスク検知モデルに関する特許を取得
・コロナ感染防止のためにリモートワークを始めたい企業向けにソフトイーサがシンクライアント型リモートデスクトップサービス「DesktopVPN」無償開放を実施
・アプリで欲しい商品の位置検索が手軽にできる!東急ハンズが店内で商品がすぐに見つけられるサービスの実証実験を開始!
・新型コロナウイルスが就活にも大きく影響!USEN-NEXT HOLDINGが新卒採用ですべての選考プロセスをオンライン面接で実施すると発表