5月10日に行なわれたGI NHKマイルC(東京・芝1600m)。1番人気に推されたのは、「2歳女王」のレシステンシア(牝3歳)だった。

 前走のGI桜花賞(2着。4月12日/阪神・芝1600m)では、万全の仕上げでマイナス6圓稜和僚鼎能仭。そこで、重馬場のタフな競馬をこなしたこともあって、今回はさらに6圈馬体重を減らしていた。

 それでも、ダイワメジャー産駒らしい丸みを帯びたシルエットは維持できており、「ピーク」とは言えないものの、ひどく調子を落としている印象はなかった。加えて、4年前にも同じダイワメジャー産駒のメジャーエンブレムで、このレースを制しているクリストフ・ルメール騎手を鞍上に迎えている。

 2012年の勝ち馬であるカレンブラックヒルもそうだったが、これらスピードに長けたダイワメジャー産駒のよさは、その上質なスピードと、その持続力にある。つまり、それらが生かされる展開になってこそ、存分に力を発揮できる。

 ゆえに、序盤で抑えたレース展開、すなわち緩急のある流れとなったGIIチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)において、レシステンシアは伸びあぐねて3着に敗れた。

 ルメール騎手は、そうしたダイワメジャー産駒の強みと弱みをよく知っていて、実際に結果も出している。戴冠への準備は整っていた、と言っていい。

 となると、「ピークではない」にしても、レシステンシアを止めるのは、容易なことではない。この日の東京競馬場の馬場状態を考えても、普通に走りさえすれば、例年なら勝ち負けレベルとなる1分32秒台で走り終えるはずである。

 おそらく、誰かが競り合っていかねば、悠々と逃げ切られてしまうだろう。だが、いまだ成長過程にある3歳馬の戦い。しかも、大半の馬がマイルまでの距離しか経験していない。もしその役目を担うことになれば、その時点で自らの勝利は、放棄することになるかもしれない。

 まして、ある程度控える競馬で結果を残してきた他の人気馬が、あえてそうしたリスクを負うことはない。

 さまざまな思惑が交錯するなか、未知数な距離について、恐れることよりも、信じることを選択したのが、ラウダシオン(牡3歳)の手綱を取ったミルコ・デムーロ騎手だった。


本命レシステンシアを退けて勝利を飾ったラウダシオン

 ラウダシオンの戦績は6戦3勝。芝1400mのオープン特別を2勝しているほか、前走のGIIIファルコンS(3月14日/中京・芝1400m)でも2着と健闘しているが、唯一経験しているマイル戦、GI朝日杯フューチュリティS(12月15日/阪神・芝1600m)では、勝ち馬から1秒差をつけられての8着と完敗を喫した。厩舎サイドは、こうした戦績から「ベストは1400m」と判断していたようだ。

 しかし、昨年もこのレースを勝っている鞍上は、そうとは決めてつけていなかったのだ。

 スタート直後、すんなりとゲートを出たレシステンシアは、馬なりで先頭に立った。片や、ラウダシオンはゲートの出はそれほどよくなかった。それでも、二の脚は速く、最初の200mに差し掛かったあたりで、レシステンシアの外に並びかけていった。

 ここで、レシステンシアが突っ張ったのか、ラウダシオンが少しタメたのかはわからないが、再度レシステンシアが単騎先頭となってレースは進んだ。

 前半800mの通過タイムは46秒0。戦前の予想どおり、速いペースとなった。とはいえ、圧勝したGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月8日/阪神・芝1600m)において、45秒5のラップで飛ばしていったレシステンシアにとっては、何ら無理なペースではない。むしろ、持ち味を生かし、自らの能力を発揮するうえでは、絶好の展開と言えた。

 ところが、ここで追走が楽になったのは、ラウダシオンのほうだった。そうして、一段とスピードを上げて、後続に脚を使わせて逃げ込みを図るレシステンシアを横目に、ラウダシオンを操るデムーロ騎手はほんの数秒、追い出しを我慢。レシステンシアの勢いがやや鈍り始めた残り350m付近になって、一気に仕掛けていった。

 レシステンシアも粘りを見せたが、残り200mを切ったあたりからは、両者の脚色が完全に違っていた。ゴールへの推進力で勝るラウダシオンが、そのままトップでフィニッシュした。 デムーロ騎手に、厩舎サイドと同じくラウダシオンの「ベストは1400m」という思いがあったなら、この競馬はできなかっただろう。もちろん、馬の能力があってこそだが、勝つための手段を講じるうえで、デムーロ騎手は後ろ向きな考えではなく、「ラウダシオンならできる」という前向きな姿勢で臨んだ。そんなジョッキーのファインプレーが光る一戦だった。