槙野が2018年の“珍事件”動画を改めて紹介し、話題を呼んでいる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 浦和レッズDF槙野智章が公式インスタグラムを更新。自身が絡んだJリーグの“珍事件”を動画で紹介し、反響を呼んでいる。
 
 槙野はこれまでも積極的にSNSを活躍し、新型コロナウイルスの影響でなかなか外出できないファンを楽しませる取り組みを行なっている。今回新たに投稿されたのは、Jリーグのハイライト動画。試合中に自身が関わった面白シーンを紹介している。
 
「Jリーグにはこんな珍事件があります」と題した投稿されたのは、2018シーズンのJ1第9節・札幌戦での一場面。当時札幌に所属していたFW都倉賢(現C大阪)と競り合い、ピッチに倒れ込んだ槙野の左足が相手の股間を直撃した。思わぬハプニングだったが、その後はお互いに笑顔を見せて起き上がり、事なきを得ている。
 
 槙野は「リーグには試合中に、このような事がたまにあるのも面白さの一つ」という言葉を添えて紹介。さらに動画で、起き上がった際のふたりの会話に、「別のボールを蹴ってごめんね」など、面白おかしくテロップを付け加え笑いを誘っている。
 
 この投稿に被害者の都倉も、「まき、それ俺のボールな!!!レフリーに『ボール間違えました!』じゃねーよ。再開したらまた再現しよなー」と実際のエピソードを交えてコメント。また映像を見たファンからも多くの反応が寄せられた。
 
「絶対これわざと(笑)」
「都倉のボールをバイシクルしちゃダメですよ」
「こーゆーのまじいいっすね!!」
「大丈夫です、真似しませんから」
「面白すぎ」
「槙野選手の編集力に感服です!笑」
「都倉選手の高感度が上がってます!笑」
「これは伝説の珍事件ね」
 
 槙野は最後に、「再開が待ち遠しい!!良い子はマネしちゃダメだよ」という一文で動画を締めくくっている。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】髪型にも注目!“面白すぎる”ムードメーカー、槙野智章の過去から現在を厳選ショットで振り返る!2006〜2020