熊本が11日から活動再開「継続して感染拡大防止に努めて参ります」

写真拡大

 ロアッソ熊本は10日、翌11日からトップチームの活動を再開することを決めたと発表した。熊本県が発表した「施設に応じた感染防止チェックリスト」を遵守し、クラブハウスは使用しないという。

 熊本は4月16日、全国に緊急事態宣言が出されたのを受けてトップチーム活動休止を決定。制限の一部緩和が行われた今月7日から、参加人数を制限する形で選手の自主トレーニングのために練習場を開放していた。

 再開後も感染予防と感染拡大防止のため、練習見学やファンサービスは行わない方針。クラブは公式サイトを通じて「クラブとしても継続して感染拡大防止に努めて参りますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします」と伝えている。