新潟が活動の一部再開を発表…11日から感染拡大予防策を徹底した練習実施

写真拡大

 アルビレックス新潟は10日、感染拡大予防策を徹底した上でチームの活動を一部再開させることを発表した。

 新潟は新型ウイルス感染拡大防止および予防対策、拡散防止のため、トップチームの活動を4月17日から休止していた。しかし、今月5日に新潟県より発表された指針を踏まえ、感染拡大予防策を徹底しながら、11日から活動を再開させることを決定した。

 再開後は、選手同士の接触を最小限にするために選手を6〜8名の3グループに分け、時間差をつけて選手間の距離をとりながらトレーニングが行われる。また、感染症拡大防止対応の一環として、練習見学は継続して中止となることも伝えられた。