現在はJ2を戦う山口。継続的な強化を行なってきた。(C)J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大 (全2枚)

 毎年のように大量に選手が移籍する山口。今季のチームでも最古参の選手は所属4年目という現実が示すように、タレントの定着が難しい。ただ、野心的なサッカースタイルを掲げ、チャレンジを恐れない哲学は一貫している。人が変われども、クラブが失ってはいけないスピリットだ。

 今から7年前の6月。まだJFLにさえ到達していなかった山口は、訃報に天を仰いだ。2013年6月9日、病床についていた前GMの宮成隆氏が亡くなったのだ。

 宮成氏は県教員団を改組して06年に発足した「レノファ山口FC」の初代監督に就任。当時はまだ地域リーグを戦う一介のアマチュアチームに過ぎなかったが、宮成氏は「山口にJリーグチームを作る」という一心で基盤作りに尽力する。10年には教員職を辞し、不退転の決意でクラブの強化に専念。12年に退任するまで第一線に立ち、厳しい顔で勝負に徹する一方、その人柄は「ミヤさん、ミヤさん」と慕われ、当時は夢物語でしかなかったJリーグへの道に多くの人材を引き込んだ。

 もっとも地域リーグからはなかなか抜け出せなかった。前述した13年も中国リーグで地域決勝進出圏外の3位と振るわず、3年連続で優勝を逃してしまう。しかし、挑戦者たちの野心に火が付いたのもこの頃だ。

 同年秋、一筋の光明を見いだすべく全国社会人サッカー選手権大会(全社)に出場すると、内容の悪い試合でも勝利を引き寄せ、負ければ終わりのトーナメントで決勝にまで進出。PK戦までもつれる熱戦の末にグルージャ盛岡を退け、奇跡的な優勝を果たした。J3への飛び級昇格こそ叶わなかったが、成績や運営体制などが評価され、山口は訃報から半年後にJFL参入を掴んだのだ。
 初の全国リーグの舞台に立った山口。今に続くスタイルの構築で大きな役割を果たしたのが、14年から指揮を執った上野展裕監督(現ヴィアティン三重監督)だ。宮成氏が亡くなってからの就任で一見すると系譜は続いていないように見えるが、上野監督はオファーを受けるよりも前に、生前の宮成氏から「Jリーグを目指すクラブを作る」という決意の手紙を受け取っていた。

「教員を辞めて山口にJリーグを目指すクラブを作るという内容のものだった。Jリーグチームを作っていこうという宮成さんの熱い思いがあり、きちんとした設計図を持って山口の地に入った」

 15年に歓喜のJ2昇格を果たした際、上野監督はインタビューでそう回想している。まだ環境が整っていない中で、上野監督と当時のイレブンはJFLからJ3へ、そしてJ2へと毎年の昇格を成し遂げる。原動力の一つに、「ミヤさんの熱い想い」をないがしろにしてはならないという意気があったのは言うまでもない。
 その上野監督も17年で退任し、今や当時を知る選手もいない。だが、スピリットはしぼむどころか、脈々と受け継がれている。

 宮成氏の死去からちょうど5年後の2018年6月9日。みらスタではJ2リーグが行なわれ、約8千人のサポーターがピッチにくぎ付けになっていた。対戦相手はファジアーノ岡山。奇しくも宮成氏の死去直後に開かれたゲームが、岡山・政田サッカー場で行なわれたファジアーノ岡山ネクスト(ネクスファジ)戦だったことを考えると、隔世の感を覚える90分間だった。わずか5年で山口は大きく進化したと言わざるを得ないし、昔を知る関係者は見果てぬ夢の実現を感慨深く見守ったことだろう。

 試合は現キャプテンの池上丈二のクロスに、山下敬大(現・千葉)が頭で合わせ、これが決勝点となった。山口にとっては珍しいウノゼロの勝利だったが、5年で10倍以上に膨れ上がったスタンドは勝利に酔いしれた。

 ゲーム後の記者会見で霜田正浩監督は「今年来た選手たちも宮成さんとは面識はないが、チームの歴史を作ってくれた方へのリスペクトは絶対に持たないといけない」と述べ、決意を新たにした。
「チームを作ってくれた方がいるので、多くのサポーターが来てくれて、色々なチームから選手が来てくれて、こういうゲームをサポーターの前で見せることができる。過去にレノファに携わってくれた人たちも含め、チーム山口で成長していければと思う」

 山口のクラブチームとしての発足は06年で、宮成氏が去った13年もまだ7年前の出来事。決して遠い過去ではないが、時々は思い返さなければならない激動の時代が横たわっている。当時の監督や選手や関係者がいて、今のスタイルがある。今年の命日にスタジアムでボールを蹴り合う音は届けられないかもしれないが、大事にしているスピリットは今年もミヤさんに届くはずだ。

取材・文●上田真之介(フリーライター)