ウイニングイレブンで阪神ダービーが行われた

写真拡大

 モバイル版サッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2020」を使用したeスポーツ大会「TOYO TIRES presents Jリーグ eSports ONLINE〜スポーツがいまできること」の第2節が9日に行われた。第1試合ではガンバ大阪のFW渡邉千真とヴィッセル神戸のFW小川慶治朗が対戦し、2ー2で引き分けた。第2試合のセレッソ大阪のDF木本恭生と京都サンガF.C.のDF森脇良太の試合は午後5時から行われる。

 同大会は、関西4クラブのG大阪、神戸、京都、C大阪の所属選手が参加し、総当たり戦で行われる。第1節ではG大阪MF福田湧矢がC大阪のFW柿谷曜一朗に5-0で快勝し、京都のMF上月壮一郎は神戸のFW藤本憲明に4-2で勝利を収めていた。

 第2節の第1試合ではG大阪の渡邉と神戸の小川が対戦。両チームともに4-3-3の布陣を敷いた。前半2分、渡邉はゲーム内の渡邉を巧みに操り、PA中央から右足シュート。ゴール左に流し込み、渡邉にとって古巣の神戸から先制点を奪った。さらに同9分には右サイドのFWアデミウソンがクロスを上げ、ニアサイドに詰めた渡邉がワンタッチで追加点を決めた。

 小川が操る神戸は前半15分、PA手前でFKを獲得。キッカーのMFアンドレス・イニエスタは低い弾道を放つも、ゴール枠内には入らない。直後にはイニエスタのパスを受けた藤本がPA手前から右足シュートを打つが、GK東口順昭の好セーブに阻まれた。

 すると神戸は前半30分に得点を生む。G大阪の守備陣のミスを突き、藤本がゴール前でボールを奪取。冷静にゴール左に流し込み、1-2と点差を縮めた。さらに同39分、G大阪はスローインを自陣内に投げ込む痛恨のミス。神戸はFW古橋亨梧が左足で合わせ、同点弾をゴールに突き刺した。

 2-2で前半を折り返すと、神戸は後半開始から波状攻撃。しかしG大阪は東口の好守備でゴールを割らせない。神戸は後半32分に小川がゲーム内の小川で右サイドを突破し、クロスを上げるがシュートは打てない。結局、両者めまぐるしい攻守の入れ替わりもゴールは生まれず、試合終了。両者2-2の痛み分けに終わった。

 渡邉は試合後のインタビューで「最初の立ち上がりは素晴らしかったんですけどね…その後の失点が許せない」と肩を落とす。「おそらく操作ミスですね」とミスを認めつつ、ゲーム内の自身の2得点は「素晴らしいゴールでした」と語った。サポーターには「勝てなくて本当に申し訳ない」と謝罪しつつ、「再開したときにまたJリーグを盛り上げていきましょう」と意気込みを伝えている。

 一方、小川は「後半は神戸のペースだったので、勝てる試合だった」と振り返る。ゲーム内の小川は不発に終わり、「ほとんどボール触ってないんで、悔しい結果です」と悔しさをにじませた。サポーターには「ゲームでは勝てなかったですけど、再開したらガンバに勝つのでまた頑張りましょう」とメッセージを送っている。

 第2試合はC大阪と京都が対戦。Youtubeなどでライブ配信が行われる。

以下、Youtubeでのライブ配信URL

https://youtu.be/DbqMBthtwJY