16歳の頃から代表に選出されているなでしこジャパンのエース岩渕。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 なでしこジャパンのエース、INAC神戸レオネッサに所属する岩渕真奈は、5月7日に自身のツイッターを更新し、“新たな戦い”への参入を発表した。

 岩渕が参戦を表明したのは、5月7日から12日まで毎日配信される、超豪華出演者がオンラインでゲーム対決する「サッカーeスポーツ チャレンジマッチproduced by LEGENDS STADIUM」。今大会は、近年よく耳にする“eスポーツ”の試合だ。

 eスポーツに関しては、FIFA(国際サッカー連盟)も今年から主催大会を開催する予定(現在は新型コロナウイルスの影響で延期)で、日本サッカー協会(JFA)もサッカーe日本代表2名を決定した。同代表のWeb Nasri選手、fantom選手も、7日に開幕した大会への出場が決定している。

 同大会は、JFAの取り組み「Sports assist you〜いま、スポーツにできること〜」に賛同するLEGENDS STADIUMが企画したeスポーツを楽しむ配信コンテンツで、サッカーゲームを使用し、松木安太郎さんの解説、おぎやはぎさんの司会進行のもと、前述のe日本代表の2選手や岩渕のほか、元サッカー日本代表の加地亮氏、播戸竜二氏、そしてじゅんいちダビッドソンさんらが参加する。
 
 1回戦ではセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせた加地氏と、ガンバ大阪でキャリアをスタートさせた播戸氏の“e大阪ダービー”が行なわれた。加地氏はその後ガンバへ、播戸氏はセレッソへ移籍するなど何かと縁のある同い年の2人。試合では前半に先制した加地氏が終了間際にも加点し2−0で勝利を収め、2回戦進出を決めた。

 2回戦から参戦する岩渕は自身のツイッターを更新し、「対戦相手が加地さんに決定しました!!!現役時代好きだったなー。そんなレジェンドとゲームで対戦です。明日の15時みてください!!!」と意気込みを投稿した。

 この投稿にファンからは「KINGカジVSマナドーナ」「体調には、お気をつけ下さい!」「絶対見ます!」「楽しみですー!」「熱い」などのコメントが寄せられた。

 2回戦の勝者は翌日配信のe日本代表の「fantom」選手との対戦となる。なでしこジャパンのエースは、eスポーツの世界でもそのテクニックと決定力を見せつけられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】可愛い笑顔満載!なでしこ主将も務める岩渕真奈の厳選フォトギャラリー