笑顔を見せる山。ボールを蹴られる喜びを感じた。(C)N.G.E.

写真拡大 (全2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛などが続くなか、名古屋はトップチームの活動を休止しているものの、4月30日からグラウンドを開放し、グループごとに時間帯を分けて自主トレーニングを再開している。

 コンタクトプレーの接触を避け、選手間の距離を保つなど、様々な対応策を講じながら、数人ごとに練習を行なうなか、5月7日には山粼凌吾がオンラインで取材に応じてくれた。

 久々にボールに触った感触は「ちょっとフィーリングが違い、思ったように足が出ない。ボールが足に付かない」というものだったという。ただ「それはしょうがないことで、やっぱりボールを蹴れる喜び、グラウンドでサッカーができる嬉しさを今は感じています」と柔和な表情で語り、「間違いなく家とグラウンドでは精神的に違う」と続ける。
 そしてリーグ再開に向けては「良いパフォーマンスを見せられるように、今できることをやっていきたい」と前向きだ。

 今オフに湘南から完全移籍で加入したFWは、怪我で出遅れたものの、コンディションが上がってきたところで、リーグ中断を迎えた。だからこそ「豊田スタジアムにまだ立ったことがないので、早くあそこに立ってみたい」。リーグ再開の目途は不透明も、今はその目標を叶えるために、一歩ずつ進んでいる。

 ちなみにクラブはこの中断期間で、猫好きの米本拓司が愛猫家のサポーターと、千葉和彦は5月5日の子どもの日にちなんで小学生たちと、web会議システム「Zoom」を介して交流を図るなど、様々な企画を打ち出している。

 そこで山崎は「難易度が高い。面白い選手も多いので」としながら「僕ができることは広報の方と話しながらやっていきたいです」と意気込む。新ストライカーの素顔を見られる企画が今後、登場するのか楽しみだ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】名古屋グランパスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!