米ウーバーの2020年1〜3月期決算は約3100億円の赤字 配車サービスが低迷

ざっくり言うと

  • 米ウーバーテクノロジーズが7日、2020年1〜3月期決算を発表した
  • 最終利益は約3100億円の赤字で、赤字幅は前年同期の約3倍に
  • 新型コロナで配車サービスが低迷し、保有株式の評価損になったことが響いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x