米国の失業保険申請が7週間で3300万件超 5人に1人が一時離職の計算

ざっくり言うと

  • 7日、米労働省が2日までの1週間が対象の新規失業保険申請件数を発表した
  • 前週比67万7000件減の316万9000件で、3月下旬のピークからは減少傾向に
  • 3月半ばからの7週間では計3300万件を超え、5人に1人が一時離職した計算だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x