「bestpot(ベストポット)」からIH 対応

写真拡大 (全2枚)

 

 

デザイン× 伝統工芸× 工業技術 “味も想いも逃がさない”

ほったらかしで誰でも簡単に料理が作れる土鍋でできた蓄熱調理鍋

「bestpot(ベストポット)」からIH 対応が12月より発売

 

 

 

株式会社中村製作所が販売する地元、四日市の伝統工芸品“ 萬古焼”と高精度な“切削加工技術”を最大限に生かした新しい無水調理鍋、「bestpot(ベストポット)、以下「ベストポット」にI H 機器対応のシリーズが登場、発売を2019年12月より開始いたします。

 

三重県四日市市の特産品である萬古焼と鉄の鋳物。日本ならではの匠の技を生かし、蓋( 鉄)と鍋( 土)の異素材をミックスした「ベスト ポット」は、デザイン性と機能性を追求した芸術的な無水調理ができる土鍋です。加熱しているときの温度上昇がゆるやかなうえに、遠赤外線放射率が高く、食材を芯からじっくりあたためてくれます。しかも、熱を蓄えることもできるので、余熱調理で味がしっかり染みこみます。さらに、阿蘇山の火山灰を混ぜ合わせた釉薬を内釡に使用したことで、遠赤外線を高いレベルで、安定的に放射しつづけます。土鍋なので、冷やして使うことも可能です。冷製スープなどを冷蔵庫で冷やしておくとさらに料理の種類が増えます。

https://www.bestpot.jp/

 

 

昨年の発売開始から、たくさんの反響があった「ベスト ポット」にI H 機器対応のシリーズが登場しました。