新型コロナウイルス肺炎で入院していたフリーアナウンサーの赤江珠緒が、パーソナリティーを務めるTBS系ラジオ「「赤江珠緒 たまむすび」(月〜木曜ごご1時)の6日(2020年5月)で、退院したことを手紙で報告したことを取り上げた。

赤江は抗インフルエンザ薬「アビガン」を処方されていたが、処方される人とされない人がいることについて、アビガンは国内で承認されていないため、研究対象グループとして申請した病院でしか使えないため、処方される人、されない人がいるらしいとも書いている。

他の放送局の便乗ネタだった。