この高さでは物足りないと、更に高いラダーを用意したHBK

NO HOLDS BARRED、Mr.マクマホン vs “HBK”ショーン・マイケルズ。試合前には“モントリオール事件”の主犯、ビンス&HBKに観客から“We want BRETコール”が沸き起こる。
試合は序盤からビンスを攻めまくるHBKに対し、スピリット・スクワットの5人が乱入し、ビンスに加勢するも、HBKは5人を片っ端からリング下へと落とす。
中盤にはシェイン・マクマホンも乱入。HBKを竹刀でめった打ちにするも、自ら持参した手錠をHBKに奪われロープに繋がれてしまう。
こうなるとHBKの独壇場。ビンスの脳天をイスで殴るとスウィート・チン・ミュージックの態勢へ。しかし、自ら技を取りやめると今度はリング下からラダーを取り出し、またしてもビンスを強打。更にはゴミ箱や机も持ち出し、最後はゴミ箱をかぶせたビンスを机に寝かし、ラダー最上段からエルボードロップ。仕上げとばかりにスウィート・チン・ミュージックを叩き込み完勝した。担架で引き上げるビンスも、退場際瀕死の状態から中指を突き立てる意地をみせた。

WWE『レッスルマニア22』全試合結果一覧へ