サンフレッチェ広島は6日、トップチームの活動休止期間を延長することを発表した。

 クラブは新型コロナウイルス感染予防対策および拡散防止のため、トップチームの活動を5月6日まで休止すると発表していた。しかし、政府から日本全国へ発令された緊急事態宣言の延長などを踏まえ、5月7日以降も当面の間、活動を休止することになった。

 なお、活動の再開については、状況を考慮しながら対応を協議し、決定次第、発表するとしている。