赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。小島氏が選ぶのはエムボマ。「あの強烈ボレーは衝撃だった」と振り返る。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全4枚)

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、平塚や草津などで活躍し、現在は群馬のGKコーチを務める小島伸幸の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 エムボマは絶対に外せない。彼にあの有名なボレーシュートを蹴り込まれたのは、他でもない、僕です。あの衝撃は忘れられません。あんなの普通はふかすと思うじゃないですか。だって直前に体勢を崩しているんだよ。それなのに、きっちり僕の頭上を抜いて枠に飛ばしてくるんだもん。「え、何が起きたの?」ってビックリでしたよ。それに彼は強いシュートだけでなく、テクニカルなシュートも打てるから、本当に厄介でした。ただ逆に言えば、彼と出会ったことで、僕のセービングの基準が高まったところはあります。そういう意味でも思い入れは一番強いですね。

 やられたという点では俊輔も入れたい。彼にFK第1号を決められたのは、今となっては光栄です(笑)。しかも実は翌年にも同じような位置から決められているんですよね。FKのタイミングが独特で、僕は結局分析し切れませんでした。木村和司さんのキックも嫌だったけど、それ以上に捕まえ切れないボールを蹴ってきたのは、彼が初めてでしたね。
 
 その俊輔と小野、ヒデ(中田)は、史上最高のトリオです。小野はもう天才。「1番上手い選手は誰」と訊かれたら、彼と即答します。天才と呼ぶのは、彼のこと以外認めません。どこに目がついていて、いつ見ているんだよっていうプレーの連続でしたからね。それにワールドカップに18歳で初めて出て、最初のプレーで股抜きしちゃうんですからね。ぶったまげて、ベンチでひっくり返っちゃったよ(笑)。その度胸ももちろんだけど、確かな技術に裏付けされた自信を持っていた。天才と言われるのを本人は嫌がるんだけど、彼ほどの才能を見たことがないです。

 対照的に“努力の塊”だと思うのがヒデです。高い目標を設定して、そこに向かって地道に努力することに関しては、この選手の右に出るものはいません。高卒でプロ入りした頃と、その3年半度にイタリアに行く時では、まったくの別人になっていましたよ。ファウルまがいのタックルを受けてもちっとも倒れやしないんです。一緒にプレーしていて、この選手は近いうちに世界に羽ばたくなと思いましたね。僕よりも年下ですけど、彼にプロフェッショナルとしての姿勢を学びましたよ。
 彼ら3人の後ろに陣取るのはドゥンガ。派手さはないですが、“戦う”姿勢を日本人に植え付けてくれました。ピクシー(ストイコビッチ)も入れたかったんですけどね。前に3人を入れるとなると、どうしてもアンカーでビシッと締めてくれるドゥンガはマストでした。

 外国人選手ではさらにGKにジルマールを選びました。GKは普通なら(川口)能活かナラ(楢粼)のどっちかになるんでしょうけど、ふたりが喧嘩しないようにね(笑)。ただジルマールも素晴らしい選手でしたよ。至近距離のシュートストップが本当に上手かった。きっちりと仕事をこなす“職人”タイプで、勝点をもたらせる貴重なGKでした。

 さらに熱血キャプテンのハシラさん(柱谷)と、高さも強さもあってクレバーな井原というCBコンビがいれば、守備は盤石でしょう。ハシラさんのような味方を鼓舞できる闘将タイプってこの頃は少なくなってきましたよね。同じタイプでは松田直樹とか(田中マルクス)闘莉王も候補に挙がりましたが、それでもハシラさんのゲキは強烈に印象に残っていますね。いまだに会うと怖いですから(笑)。井原さんは僕が一緒にプレーしたなかでは最高のCBです。どちらかと言えば大人しく背中で引っ張るタイプなので、ハシラさんとは良いコンビです。