中村がこどもの日にちなみ、SNSに幼少期の秘蔵写真を投稿した。写真:徳原隆元

写真拡大

 川崎フロンターレMF中村憲剛が5月5日に自身のインスタグラムを更新。こどもの日にちなみ、幼少期の貴重な写真を公開している。

 中村は東京都生まれの現在39歳で、2003年に中央大からテスト生として練習参加していた川崎に入団。フロンターレ一筋で今年18年目を迎えた、クラブの象徴とも言える存在だ。

 そのバンディエラが5日にSNSを更新。「今日はこどもの日、‪ということで中村憲剛こども時代の秘蔵写真を(秘蔵というほどでもない)」と、自身の幼少期の写真を3枚投稿した。

 スポーツカーの遊具に乗ったり、外で裸足で遊んでいるところを収めた写真で、「#面影しかないとか言わないで」「#うちの子供達そっくり」「‪#我が家は結構盛り上がりました」とハッシュタグを添え、現在とあまり変わらない顔立ちが家族の中でも話題になったと明かしている。
 
 この写真に川崎のチームメイトや元同僚もすぐさま反応。FW小林悠は「白黒じゃないんですか?」、DF登里享平は「ガニ股ですねー」、GK新井章太(現千葉)は「3枚目は完全にオランのウータン」といじりのコメント。さらに山口DF武岡優斗は、「これはぜひとも…今の憲剛さんで同じ構図で写真を撮ってもらいたいです」と要望を口にしている。

 幼い頃の可愛らしい中村の姿にファンからも多くのコメントが集まった。

「昔も今もめちゃんこ可愛いですね」
「ケンゴさんの長男さんかと思いました 笑」
「憲剛少年‥かわいい」
「まったく変わらないっすねー」
「面影ありますね。めちゃめちゃかわいいですね」
「既にできあがってますね」

 中村は、いじりコメントをした選手に対し、「突っ込んだ関係者、みんなもこども時代の写真投稿しなさい!」と返信。これに応え、こども時代の写真を投稿する選手は現われるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】川崎のバンディエラ、中村憲剛のデビューイヤーから現在を振り返る!2003-2020