2019年にリーグ優勝した横浜のクラブマスコット「マリノスケ」(写真左)が、20年のクラブマスコット総選挙で初めて1位に輝いた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 Jリーグでは2013年から毎年、J1・J2・J3の各クラブのマスコットによる「Jリーグマスコット総選挙」を、リーグ開幕に先駆けて行なっている。ファン・サポーターの投票数によって順位が決まり、優勝者はFUJI XEROX SUPER CUPで撮影する、マスコット集合写真のセンターポジションに立つ権利を手にすることができる、リーグ開幕を告げるもうひとつの熱い戦いだ。

 ここでは、13年から20年までの8年間のトップ10を振り返り、1〜10位に10〜1ポイントとして加算して、8年間での総合順位をランキングにしてみた。1位に輝いたマスコットからは、特別に喜びのコメントも寄せられた(※文末に記載)。それではさっそく結果を見てみよう。

――◆――◆――
 
【2013年】
順位 名前(クラブ)
1  ベガッ太(仙台)
2  ヴァンくん(甲府)
3  ドーレくん(札幌)
4  ディーオ(山形)
5  ガンズくん(松本)
6  東京ドロンパ(FC東京)
7  ロビー(C大阪)
8  グランパスくん(名古屋)
9  ミーヤ(大宮)
10  ニータン(大分)

【2014年】
順位 名前(クラブ)
1  ヴィヴィくん(長崎)
2  サンチェ(広島)
3  ベガッ太(仙台)
4  ディーオ(山形)
5  ドーレくん(札幌)
6  ヴァンくん(甲府)
7  ガンズくん(松本)
8  東京ドロンパ(FC東京)
9  マリノスケ(横浜)
10  ニータン(大分)

【2015年】
順位 名前(クラブ)
1  サンチェ(広島)
2  ドーレくん(札幌)
3  ディーオ(山形)
4  ヴィヴィくん(長崎)
5  ベガッ太(仙台)
6  ふろん太(川崎)
7  ガンズくん(松本)
8  ヴァンくん(甲府)
9  マリノスケ(横浜)
10  グランパスくん(名古屋)

【2016年】
順位 名前(クラブ)
1  ベガッ太(仙台)
2  東京ドロンパ(FC東京)
3  サンチェ(広島)
4  グランパスくん(名古屋)
5  ドーレくん(札幌)
6  ヴィヴィくん(長崎)
7  ゼルビー(町田)
8  マリノスケ(横浜)
9  ディーオ(山形)
10  ガンズくん(松本)
 
【2017年】
順位 名前(クラブ)
1  サンチェ(広島)
2  ベガッ太(仙台)
3  レノ丸(山口)
4  ドーレくん(札幌)
5  東京ドロンパ(FC東京)
6  グランパスくん(名古屋)
7  ヴァンくん(甲府)
8  カブレラ(川崎)
9  マリノスケ(横浜)
10  ガンズくん(松本)

【2018年】
順位 名前(クラブ)
1  グランパスくん(名古屋)
2  レノ丸(山口)
3  東京ドロンパ(FC東京)
4  サンチェ(広島)
5  ドーレくん(札幌)
6  ユニティ(千葉)
7  モーヴィ(神戸)
8  ふろん太(川崎)
9  ニータン(大分)
10  マリノスケ(横浜)

【2019年】
順位 名前(クラブ)
1  グランパスくん(名古屋)
2  ヴィヴィくん(長崎)
3  ベガッ太(仙台)
4  ドーレくん(札幌)
5  サンチェ(広島)
6  ガンズくん(松本)
7  ニータン(大分)
8  ふろん太(川崎)
9  パルちゃん(清水)
10  マリノスケ(横浜)

【2020年】
順位 名前(クラブ)
1  マリノスケ(横浜)
2  グランパスくん(名古屋)
3  ヴィヴィくん(長崎)