Net Applicationsから2020年4月のタブレットOSのシェアが発表された。2020年4月はAndroidとiPadOSのシェアが増加し、iOSのシェアが減少した。Androidをバージョン別に見ると、Android 4.4とAndroid 8.1が増加し、Android 7.0がシェアを減らした。Androidは古いバージョンであるAndroid 4.4がほかのバージョンと比較して高いシェアをキープし続けている。今のところAndroid 4.4のシェアが減少する理由は見当たらず、今後も同様の傾向が続くものと見られる。

iPadではiOSが徐々に減少し、iPadOSが増加する傾向が続いている。Appleは2019年、iOSをベースとしたiPad専用のオペレーティングシステム「iPadOS」を公開した。iPadは徐々にiOSからiPadOSへの移行が進んでいることがわかる。

2020年4月タブレットOSシェア/円グラフ 資料:Net Applications

2020年4月タブレットOSバージョン別シェア/円グラフ 資料:Net Applications

2020年4月タブレットOSシェア/棒グラフ 資料:Net Applications

2020年4月タブレットOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications報告