問題文には湘南の選手やキングベル祇い覆匹登場する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 湘南のベルマーレフットボールアカデミーでは、新型コロナウイルスの影響により学校も休校となっているなど『Stay Home』が続くこの時期に、ホームタウンを始めとした地域の子どもたちへ何かできないかと考え、普及コーチ陣が湘南ベルマーレを題材にしたクイズや問題集を作成。5月5日より湘南の公式ホームページで配信を開始した。
 
 小学校1年生の算数では「さっかーぼーるはぜんぶでなんこあるかな?」とサッカーに絡めて数を数える問題や、3年生の国語では、「坂圭祐選手(さかけいすけせんしゅ)のキックが強(つよ)すぎて今年(ことし)のチームスローガンの文字にボールがくっついてしまった。かくれている文字は何だろう?『前○』」、「選手(せんしゅ)の名前(なまえ)と前にプレーしていたチームを答(こた)えよう!『○○(の)○成(なり)選手/アルビレックス○潟(がた)』」など、選手が登場したり、チームや選手の情報をもっと知ることができるようになる問題が満載だ。

 問題集は1〜6年生までの国語と算数、理科と社会、幼児用の15種類に加えて、湘南ベルマーレに関するクイズもラインナップ。子どもから大人まで、湘南サポーターみんなが楽しめる内容になっている。

 学校再開の見通しがつかず『Stay Home』の状況が続くなかで、湘南ベルマーレに詳しくなりながら勉強を楽しむのも良いかもしれない。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】Jリーグを盛り上げるかわいいマスコット!SDカメラマンが捉えた厳選ショットを紹介!