あのブラジル人Jリーガーはいま
第2回ベベット(前編)>>後編を読む

 1983年、ジーコは12年間プレーしたフラメンゴから、イタリアのウディネーゼへの移籍を決めた。最大のスターを失い、フラメンゴのサポーターは世界の終わりが来たかのように悲しんだ。「フラメンゴに未来はない」と、メディアも信じ込んでいた。

 しかし、フラメンゴ幹部は隠し玉を持っていた。彼の名前はベベット。まだ19歳の少年だったが、ジーコの抜けた穴を埋めてくれると彼らは確信していた。当初、サポーターは彼にブーイングを浴びせた。ベベットは痩せっぽちで小さく、こんな若造にジーコの代わりが務まるとは思えなかったからだ。引退したばかりのペレを引き合いに「代表にペレの代わりがいないように、フラメンゴにジーコの代わりは存在しない」と彼らは抗議した。


1994年、アメリカW杯でブラジルの優勝に貢献したベベット photo by Yamazoe Toshio

 だが、すぐにサポーターは彼にブーイングしたことなど忘れてしまった。ベベットはジーコに比べても遜色がなかったからだ。考えてみれば、ジーコも昔は小さく痩せていた。そしてどちらもサポーターに夢を見させてくれた。

 ベベットはいつも笑顔で温和だ。ピッチの中でも外でもその性格は変わらない。ベベットの本名はジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリヴェイラ。しかし子供時代、ロベルトという名前が発音できず、自分のことをベベットと呼んでいた。それが彼のニックネームとなった。

 ベベットが成功できたのはその出自もあるかもしれない。彼が生まれたのはブラジルで最もアフリカ色の濃いバイーア。ベベットの両親はポルトガル系だったが、彼のハート、そして生きざまはまさにバイーアの人間そのものだ。穏やかで、常に微笑みを忘れず、フレンドリーで、他人を助ける。バイーアの人は皆そうだ。

 ベベットはバイーアの州都サルヴァドールでサッカーを始めた。友達とサッカーをしていた彼を地元のナンバー1チーム、エスポルテ・クラブ・バイーアが目をつけた。しかし何度か練習に参加したものの、彼は同じ町のヴィトーリアに入団した。ベベットの父がこのチームの大ファンだったのだ。

「16歳の時、ヴィトーリアにテストを受けに行ったが、その時の僕は身長170センチで体重は49キロしかなかった。だから僕を見たヴィトーリアの監督は、始めは僕を参加させたがらなかった。『こいつはあまりにも軽すぎる、強風が吹けば飛んでいき、二度と見つけられないだろう』ってね。でも10分プレーする間に、僕は2ゴールを決めた。監督はその午後、すぐに僕をトップチームの練習に合流させてくれた」

 当時を振り返って、ベベットはこう語る。

 ベベットが17歳になった時、ヴィトーリアは自分たちが金の卵を持っていることに気が付き、彼をセレソン(ブラジル代表)のドクターのもとに連れて行った。しかし、ドクターは、「彼には何の薬も必要ない」と言った。よく練習し、よく食べれば、ちゃんと成長すると診断し、実際その通りになった。

「1年もしないうちに僕は5センチ背が伸び、体重も8キロ増えた」

 1年半後、彼の人生は一変した。名門フラメンゴが彼を望んだのだ。冒頭にも述べたようにジーコの抜けた穴を埋めるためだった。

 父親は、ベベットがサルヴァドールを去るのを快く思っていなかった。彼は将来、ベベットに自分の不動産会社を譲ろうと考えていた。しかしフラメンゴが本気で彼をチームのスターにしようと考えていると知った時、事業を継がせることを断念した。息子の未来は別のところにあると悟ったからだ。

 ベベットはジーコを尊敬している。その一方で、ディエゴ・マラドーナの大ファンでもあった。インタビューでは、いつもこう言っていた。

「ディエゴは偉大だった。でもボールを持った彼はとてもエゴイストだった。彼はジーコが持っていた知性の50%しか、ピッチでジーコが見せた優しさの10%しか持ち合わせていなかった」

 おそらくベベットはスターひしめくブラジル代表のなかで、唯一、監督が実際に試合を見ることなく招集を決めた選手だろう。1985年、カルロス・アルベルト・パレイラ監督は、一度もプレーを見ることなく、彼をオリンピック代表に招集した。その後、ベベットは代表を引退する1998年まで、セレソンの選から漏れることはなかった。

 彼の人生を大きく変えたのはまぎれもなく1994年のアメリカW杯だろう。ブラジルは24年間夢見てきたタイトルを手に入れ、ベベットは一躍世界的スターとなった。彼の名を有名にしたのは大会中に決めた3つのゴールだけではない。サッカーファンの心に残る2つのエピソードを残したからだ。

 決勝トーナメントで、ブラジルが最初に当たったのは開催国アメリカだった。地元の声援を背にしたアメリカは予想以上に強く、レオナルドがファウルで退場になるとブラジルは10人となり、敗退の危険も出てきた。しかし、セレソンは負けなかった。ロマーリオが天才的なプレーで敵を抜き去り、柔らかなボールを前方に送ると、ベベットが勝敗を決めるゴールを決めた。それまでブラジルの猛攻に耐えてきたアメリカのGKのトニー・メオラも地面に倒れていた。ブラジルは10人で開催国を破ったのだ。

 ゴールを決めたあと、ベベットはロマーリオに向かって走り、こう叫んだ。

「愛しているよ、兄弟!」

 2人が抱き合ったシーンは、ブラジルがひとつにまとまっていることを現していた。

 準々決勝のオランダ戦は、大会中、最も難しい試合のひとつだった。2点目のベベットのゴールは本物のゴラッソというやつだった。ベベットの喜びは最高潮だった。なぜならその数日前に3人目の子供、次男・マテウスが生まれていたからだ。

 彼の妻はブラジルで出産したため、ベベットはまだ息子をその手に抱いてはいなかった。そこで生まれたのが、かの有名な”ゆりかごダンス”だ。ロマーリオ、マジーニョとともに赤ん坊を抱き、左右にあやすよう動かし、この様子は全世界に放送された。そのマテウスは今、プロサッカー選手になっている。

 そして、ベベットのもうひとつの有名なエピソードは日本で生まれた。
(つづく)
後編を読む>>