「重篤な肺炎」1カ月間の自宅闘病生活 男性が明かす届かなかった叫び

ざっくり言うと

  • 新型コロナで1カ月間、自宅で闘病した男性がデイリー新潮の取材に応じた
  • やっとの思いで検査を受けて「重篤な肺炎」と診断されたが、入院できず
  • 未曾有の事態だと分かってはいるが、「放置」された恨みが消えないと話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x