「ゴールデンウイーク中に山梨県に高速バスで帰省していた20代女性の感染が判明しました」と、司会の羽鳥慎一があきれ顔で伝えた。この女性は判明の1時間後に高速バスで都内に戻り、しかも保健所には1日前に戻ったとウソをついていた。戻った理由は「犬が心配だったから」というものだった。

周囲の人間も気の毒だが飼い犬もかわいそう

女性は4月26日(2020年)に都内で味覚や嗅覚に異常を感じたが、29日に帰省、翌日には県内の友人4人とバーベキューを楽しんだ。この日に東京の勤務先の同僚が新型コロナウイルスに感染とわかったので5月1日に県内の帰国者接触者相談センターに連絡してPCR検査を受け、2日朝には陽性の電話連絡を受けていた。周囲の人間よりは飼い犬のほうが「心配」なのかと批判されても仕方がない。

白鴎大学の岡田晴恵教授は「彼女のために感染のリスクが出た大勢人がいる。こういう人は身近な人が感染した経験がないからわからない。自宅やアパートでの飲み会も自粛して下さい」と語気を強めた。きのう3日には、この女性と会った山梨県内の20代男性の感染が判明した。

石原良純(タレント)「勝手に動き回ったら何が起こるかという想像力を、一人ひとりがもう少し持って行動するしかありません」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「罰則のある法律を、憲法をかえずに、国会でしっかり議論して作る方がいいかもしれない」

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染することをこの女はわかっていないようだ。

文・あっちゃん