相手と、内と外との違いはあったが、ゴール手前はまるで昨年の再現フィルムを見ているようだった。

 5月3日に行なわれたGI天皇賞・春(京都・芝3200m)は、フィエールマン(牡5歳)が制覇。史上5頭目の連覇を達成した。

 昨年はグローリーヴェイズとの壮絶な叩き合いの末、クビ差の勝利。今年は、先に抜け出したスティッフェリオ(牡6歳)を外から追い詰め、最後は激しく競り合って、2頭並んでゴール板を通過した。その瞬間、相手が勝ったかとも思えるほど、際どい勝負だったが、ハナ差先着した。


天皇賞・春で連覇を遂げたフィエールマン

 鞍上のクリストフ・ルメール騎手は、フィエールマンを勝利に導いただけでなく、自らも2018年の秋からとなる、天皇賞・春秋4連覇という偉業をやってのけた。早くも「令和の盾男」との呼び声が上がっている。

 レース後のインタビューでルメール騎手は、直線を向いた時はフィエールマンの反応がよく、「楽勝かと思った」と語っている。

 だが、そこで一瞬、「モノ見をした」のがやや誤算だった。結果、「フルパワー」で、スティッフェリオとの叩き合いに臨まなければいけなくなった。

 ともあれ、出走馬の中で唯一、上がり34秒台の脚を使っているフィエールマン。着差はわずかにハナ差だったが、同馬と2着スティッフェリオとの間には、容易には超えられない”深い溝”があるように思えた。

「フルパワー」での勝負となって、そこで惜敗止まりなのは、よく言う”GI級”。勝ち切ることができるのが、真の”GI馬”である。

 また、レース前に関西の競馬関係者がこんな話をしていた。

「フィエールマンは、3歳時にGI菊花賞(京都・芝3000m)、昨年の天皇賞・春とGIを2勝していますが、本質は中距離馬。3歳夏のGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)において、普通では届かないところから2着に食い込んでいるように、中距離向きのすごく切れる脚を持っていますから。

 ただ、折り合いに少し難があります。ゆえに、長い距離のレースでは、レース前半の折り合いが問題となります。そこさえうまくクリアできれば、最後は切れます」

 GI馬はほかに、衰えが感じられるキセキ(牡6歳)しかいないメンバー構成。そういう意味では、フィエールマンにとって今回のレースは、自分との戦いだった。

 つまり、自らの課題をクリアできるかどうか。道中、とりわけレース前半において、リラックスしてスムーズに走れるかどうか。それが、ポイントだった。

 ルメール騎手はレース後、「トップコンディションではなかった」と話す一方で、中団より後方に構えていた前半は、「リラックスして走っていた」と語った。

 その、愛馬の”リラックス”を確認した段階で、おそらくルメール騎手は、九分九厘「勝った」と思ったに違いない。

 今年の天皇賞・春は、フィエールマンがGI馬の”格”というものを、さらに、その底力というものを見せつけたレースだったと言えるだろう。

 これで、GI3勝目。いずれも、3000m以上の長距離戦だ。 できることなら今度は、より強力なメンバーがそろう中距離GIで、その強さを見てみたい。