赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。プラストウ記者は迷わず“妖精”をセレクトした。

写真拡大 (全4枚)

 なんと難しいチャレンジだったか。

 正直言って、一番悩んだのは外国籍選手3人だった。レオナルド、ジョルジーニョ、マルキーニョス、ビスマルク、ラモン・ディアス、ピエール・リトバルスキ、サルバトーレ・スキラッチ、アンドレアス・イニエスタなどなど、錚々たる面々から誰を選べばいいのか頭を抱えた。日本人選手も同様である。カズ(三浦知良)、柱谷哲二、ラモス瑠偉、前園真聖、藤田俊哉、中澤佑二、楢崎正剛、中村俊輔、中村憲剛、遠藤保仁、阿部勇樹らを入れるかどうかで最後まで悩んだが、断念するに至ったのだ。

 こうした難易度の高いセレクションに臨むにあたっては、まずお詫びからスタートしなければならない! ご容赦願いたい。

 今回の選考で私がこだわったのは、娯楽性に富んだチームを完成させること。フットボールにはやはり、観ていてドキドキするような感覚が欠かせないからだ。ファンを確実に楽しませることのできるJリーグ・ベスト11が理想形。一方でそのエンターテインメントを実現させるために、チームを安定させ、前線のインスピレーションを促進するような存在も必要だろう。いわば監督になった気分で、そうしたところに留意してみた。

 
 まずは2トップから行ってみよう。阻止不可能だったパトリック・エムボマは選ばれて然り。サイズがあり、しなやかで、鋭く、なおかつテクニックもずば抜けていた。1997年はエムボマのベストシーズン。Jクラブの守備陣は彼の前になす術なしで、どんな対策を練っても無駄だった。人としても温かくフレンドリーで陽気な人気者。フットボールへの愛情に溢れ、そうしたスタンスがプレーのすべてを輝かせていた。

 パートナーは日本のトップムードメーカー、中山雅史とした。生粋のストライカーであり、可能性が低くとも走ることを止めず、ボールを決して見失わない男だ。エムボマのような身体能力は有していなかったが(誰も持ち合わせていないが)、最終的には確実にゴールを射抜いてみせた。この2トップを止めるのは至難の業だろう。

 まさに日本のジョージ・ベストだったのが若き日の前園。彼をここに入れられなかったのは悔やまれるが、今回はサブに収まってもらうほかない。
 エムボマと中山の得点力を引き出す攻撃的MFは誰か。私は彼らに、敵守備陣を広げるためのスキルとスリル、ビジョンを求めた。そしてもちろんゴールセンスもだ。

 1998年のデビュー以降、小野伸二は驚異的なプレーを続けた。十代にしてまるでベテラン選手のような振る舞いで、尋常ではない技巧で周囲の選手たちを自在に操った。純粋なテクニックだけで言えば、彼に並び立つ日本人選手を私は知らない(久保建英には可能性があるかもしれない)。全盛時はまさにマジシャンだった。

 ドラガン・ストイコビッチの選出に異論はないはずだ。ピッチ上のすべてを見透かし、両手を縛られて目隠しされても、平然とプレーしてみせただろう。私が観たなかでもっとも情熱的でエクサイティングな選手のひとりである。“ピクシー”のニックネームで親しまれたが、その由来はさておき、まさに神話的で、ときに悪魔的で、キュートで、機敏で、いたずら好きな妖精だった。

 ファンタジー溢れる2列目のコンビは絶対に外せない。そんな彼らをバックアップするのが、ドゥンガと中田英寿だ。どちらも完璧主義者で、粘り強く、常に頭の中がクール。ゲームを見極める目に優れ、彼らのフィジカル、ビジョン、スキルは攻守両面で威力を発揮し、とりわけ波状攻撃を巧みに促進する。ミスはほぼ犯さない。いわゆる万能型で、ワールドカップでも実績を残したコンビは高次元の補完性を披露してくれるだろう。