Net Applicationsから2020年4月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2020年4月はChrome・Edge・Firefox・Safariがシェアを増やし、Internet Explorerがシェアを減らした。2019年に入ってからEdgeの増加傾向が続いている。

デスクトップ向けのWebブラウザとしては、Google Chromeが7割近いシェアを持ち、それ以外のブラウザが1桁またはそれ以下のシェアという傾向が続いている。

これまではFirefoxが第2位のポジションにあったが、2020年3月にEdgeが2位に浮上した。2020年4月もEdgeは第2位のポジションにあり、その地位を確固たるものにしつつある。

2020年4月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年4月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年4月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年4月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications