「ヒト型に対応した空間に個別隔離された〈わたしたち〉:WIRED DEPOT #12 長見佳祐」の写真・リンク付きの記事はこちら

都市のロックダウンの影響により“人間不在”となった都市空間のなかに、野生動物が現れた事例が米国や欧州で報告されている。人間のためにつくられた都市空間を闊歩する動物たちがつくりだす風景は、どこか奇妙にも思える。

「HATRA」を主宰するファッションデザイナーの長見佳祐は、自宅に閉じ込められた人間のスケールを問い直し、ノンヒューマンの視点を獲得するべく、あるゲームの名を挙げる。

『EVERYTHING』デヴィッド・オライリー

毎朝10時半、墨田区からいまが緊急事態であること、それに従って外出自粛を呼びかけるアナウンスが部屋の中まで響く。

東京都では4月24日現在、生活に必要最低限の買い物、出勤、そして健康維持のための散歩が認められている。散歩をつかの間の自由だと感じている人も多いのではないだろうか。室内で似たような体験ができるとしたら何かと連想したのは、あるゲームだ。

『EVERYTHING』はウイルスから銀河まであらゆるスケールを往来する、壮大な散歩ゲームと言えるかもしれない。

序盤、プレイヤーは動物(山羊、馬など)となり、オープンワールドを駆け巡ることになる。ゲームを進めていくと次第に他の動物に乗り移ったり、石や微生物、惑星といった異なるスケールのボディに憑依できたりすることがわかる。

『EVERYTHING』は3次元的な移動にとどまらず、さまざまな縮尺を通過するように世界を練り歩くゲームなのだ。

これは異様な経験だろうか(異様なゲームであることは疑いようがない)。

いま、ヒト型に対応した空間に個別隔離されてしまったわたしは、くっきりと線引きされる「自分」のスケールに耐えられない。

それ以前、道に、服に、友人に心を偏在させていたことを忘れるようなことがあってはデザイナーとして使い物にならないだろう。不要な道草が許される日を思い、「Steam」を起動し、銀河に着替えて踊ってみよう。

関連記事:原子から生物、銀河まで:あらゆるものの視点で世界と交流するゲーム「Everything」

カルチャーの役割・テクノロジーにできること

ファッションは春夏、秋冬と、季節の移り変わりをペダルのようにまわし、環境と相互に影響し合いながらときには意味深に、ときには理不尽に、時代の瑞々しさをかたちにしてきた。

もしも地軸の傾きが矯正されたら、それでもこのシステムは機能するだろうかと冗談交じりに話していたものだが、いまやわたしたちの季節は窓の奥に収納されてしまった(来冬は室内換気用アウターが流行するかもしれない)。

“部屋”という個別のシーズンを送ることになった現代人に、ファッションは何を示すか。

オランダのクチュールデザイナーであるイリス・ヴァン・ヘルペンは次回コレクションをフィジカルなものに加え、VR空間で行なうと発表。「British Fashion Council」は6月のロンドンコレクションが世界初のデジタルファッション・ウィークになることをアナウンスした。一部ではヴァーチャルショールームも展開するという。

流通や広告面でテクノロジーによる応急処置を受けつつも先延ばしにしてきた、企画・制作のデジタルシフトについて、この目に見えない危機を前に、業界の重い(そして意外と軽い)腰が上がりつつあると言えるだろう。

これらの動きは近年、CLOのような3Dクロスシミュレーションソフトの精度向上、「Shudu」をはじめとするヴァーチャルモデルの登場、Instagramのストーリーのフィルター機能といった異なる位相の欲望が、ファッションという瞬間と流通が背中合わせになったOSと、徐々に同期してきたからこその反応だと言える。

ここからの半年は苦肉な、だからこそ多様な発表形式が試みられ、それ自体が話題にのぼるかもしれないが、形式は言語であって、話す内容に変化がなければ部屋までは届かない。

ポスト・コロナのファッションデザイナーたちはこの過剰生産の時代に、それでも表現をやめない根拠について、新しい言葉で伝えはじめるだろう。

長見佳祐|KEISUKE NAGAMI
ファッションデザイナー。2010年HATRAを設立。近年は3Dクロスシミュレーションを応用し、新しい身体の在りようを模索する。2018年度 JFLF AWARD受賞、2019年度 Tokyo新人ファッションデザイナー大賞 選出。主な出展に「Future Beauty -日本ファッションの未来性-」「JAPANORAMA」「Making FASHION Sense」など。特集「WIRED DEPOT」失ってはならない「越境への意思」:WIRED DEPOT #1 松島倫明怒ることの練習:WIRED DEPOT #2 樋口恭介どこかでゆるくつながる場所を。生存戦略としてカルチャーを:WIRED DEPOT #3 但木一真ソーシャル・ディスタンシングによる「過度さのリバランス」:WIRED DEPOT #4 佐宗邦威「寛容な世界」のために、自分には何ができるだろうか:WIRED DEPOT #5 北村みなみ変わりゆく生活のなかで、変わらないルールと戯れる:WIRED DEPOT #6 ミヤザキユウ短利至上主義を超えるための「斥力」の価値:WIRED DEPOT #7 豊田啓介創作活動としての「自炊」を楽しもう:WIRED DEPOT #8 山口祐加窮屈な社会。何を残して何を削るか、その“センス”を養うカルチャー:WIRED DEPOT #9 なみちえ「いまここ」を生きた先に:WIRED DEPOT #10 青江覚峰“おいしい生活”のトリップから醒めなければならない:WIRED DEPOT #11 篠田ミル ヒト型に対応した空間に個別隔離された〈わたしたち〉:WIRED DEPOT #12 長見佳祐「忖度で固められたモノ」が文化であってはいけない:WIRED DEPOT #13 Licaxxx「家にいる動物」が植物から学ぶこと:WIRED DEPOT #14 伊藤直樹