【今週の予想】
☆東京10R 晩春S(芝1400m)
 ここはスイープセレリタス。今回は久々の1400m戦となるが、1400m戦は2戦1勝3着1回と複勝圏内を外しておらず距離短縮は問題ない。前走は大外枠だったこともあり、少しポジションが悪くなってしまったが、決め手勝負になり9番手あたりからメンバー中3位の上がりを使って3着。着差は0秒1差と僅かで、勝ち馬は内を上手くすくっており、コース取りの差が明暗を分けた。12頭立てではあったものの、2着馬、8着馬が次走で勝ち上がっており、メンバーレベルはなかなかのものだった。今回も11頭立てと捌きやすい頭数で、メンバーレベルも前走に比べれば落ちる。6月と遅生まれのため、ようやく身が入ってきた印象で、ポテンシャルを考えてもここはあっさりを期待する。

◎スイープセレリタス
〇ダノンジャスティス
▲ウィンドライジズ
△₁ビリーバー
△₂レッドイグニス
△₃ミュージアムヒル
買い目
【馬単】5点
◎→〇▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-〇▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→〇▲△₁→〇▲△₁△₂△₃
☆京都11R 天皇賞(春)(GI)(芝3200m)

 キセキの復活に期待する!前走は1秒近く出遅れてしまうと、1周目のスタンド前で上がって行き2コーナーにかかるころには2番手まで。流石に直線は苦しくなったが、それでもパタリと止まることなく粘っての7着。鞍上曰くスタート後は暴走していたとのことで、それで勝ち馬と0秒6差だから力があることを再認識したレースであった。今回は鞍上が武豊騎手に代わるが、少し気性的に難しいところが出てきた本馬であれば、当たりの柔らかい武豊騎手に代わるのはプラスだろう。ここは平成の盾男に期待したい。相手本線はユーキャンスマイル。胴長でステイヤー資質の高い本馬だが、昨年秋は天皇賞(秋)(GI)で4着、ジャパンC(GI)で5着と、GIの2000mあたりの距離でも好走できるだけの力をつけてきた。今年緒戦となった前走の阪神大賞典(GII)では、ステイヤーらしく落ち着いたレースぶりで、直線狭いところを抜け出して1着と本格化を印象付けた。ひと叩きされて状態はさらに良くなっており、好勝負の可能性は高い。▲は連覇を狙うフィエールマン。以下、ミッキースワロー、エタリオウ、メイショウテンゲンまで。

◎(8)キセキ
〇(7)ユーキャンスマイル
▲(14)フィエールマン
△(5)ミッキースワロー
△(2)エタリオウ
△(11)メイショウテンゲン
買い目
【馬単】4点
(8)⇔(7)(14)
【3連複2頭軸流し】4点
(7)(8)-(2)(5)(11)(14)
【3連単フォーメーション】16点
(8)→(7)(14)→(2)(5)(7)(11)(14)
(7)(14)→(8)→(2)(5)(7)(11)(14)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。