DF鮫島彩(右)がFW川澄奈穂美にツッコミ

写真拡大

 INAC神戸レオネッサに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)DF鮫島彩が1日、自身のツイッター(@sharkaya)を更新し、FW川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC/アメリカ)の“年齢詐称”を指摘した。

 鮫島は4月27日に「選手として"今だからこそ"できることを!」という想いから、ケアトレーナーとコラボしたオンライントークイベントを開催することを告知。参加者を募っていた中、28日に川澄(@NahoKawasumi_9)が「さめちゃんのオンライントークイベント 20代・女性・川澄奈穂美 応募しました」と表明していた。

 しかし実際は34歳だったことから、鮫島は「年齢詐称者は落選です‍️笑」とツッコミ。続けて「そんな私はナホナガトークの常連さん」と、川澄とFW永里優季(シカゴ・レッドスターズ/アメリカ)が行っているオンライントークイベントのファンであることを明かした。

 なお、鮫島は今月3日にも女子アスリートのオンライントークイベント『Women’s ATHLETE session』を開催。先着90名限定となり、参加費(1000円)は新型コロナウイルス緊急支援募金に全額寄付される。