「未来への希望を共有し、前に進むための3日間:ブルガリが「希望を語ること」に特化したオンライン・トークセッションを開催」の写真・リンク付きの記事はこちら

「楽観主義とは、よりよい未来をつくるための戦略だ。未来がよりよくなると信じない限り、それをかなえるために立ち上がり、責任を担っていくことはないだろうから」

哲学者・言語学者のノーム・チョムスキーによるこの言葉は、パンデミックの不安が社会を包むなか、いままで以上に大きな意味をもつように感じられる。

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、緊急事態宣言下の自粛生活が続くいま、わたしたちは普段よりも悲しい知らせや悪いニュースに晒されやすい。だが、そういうときにこそ、積極的に希望を語り、それを共有していくことが大切だ(『WIRED』でも、不確実な未来に向けて『闘うオプティミズム』を主旋律に掲げている)。

そんな「希望を共有すること」を目的としたオンラインイヴェントが、5月2日〜4日にブルガリの主催で開催される。

「CONVERSATIONS FOR HOPE/カンバセーションズ フォー ホープ」と題されたこのイヴェントは、「希望」の共有を目的とした社会貢献のためのオンライン・トークセッションだ。

モデレーターを小説家の川上未映子が務め、音楽や写真、舞台芸術、漫画など、さまざまな分野の第一線で活躍するパネリストたちが、「希望」のメッセージを3夜にわたって語る。またセッション内では、「私たちの社会に『希望』を見出し発信すること」というイヴェントの主旨に賛同した著名人からのメッセージも、合わせて紹介される予定だ。

先が見えないこの不確かなときこそ、未来に進むための戦略として「希望」を共有しよう。このオンラインイヴェントは、そのための一助になるかもしれない。

オンライン・トークセッション
「CONVERSATIONS FOR HOPE/カンバセーションズ フォー ホープ」

5月2日(土) 20:00〜20:45
動画メッセージ: ウォルター・ボロニーノ/ブルガリ ジャパン株式会社 代表取締役社長、小雪/女優
モデレーター: 川上未映子/小説家
パネリスト: 南條史生/森美術館特別顧問、平原綾香/シンガーソングライター・サクソフォン奏者、 ミヤケマイ/現代美術家

5月3日(日) 20:00〜20:45
動画メッセージ: ジャン-クリストフ・ババン/ブルガリ グループCEO
モデレーター: 川上未映子/小説家
パネリスト: 操上和美/写真家、夏木マリ/歌手・俳優・演出家、首藤康之/バレエダンサー・俳優

5月6日(水) 20:00〜20:45
動画メッセージ: ジャン-クリストフ・ババン/ブルガリ グループCEO、 坂東玉三郎/歌舞伎役者・映画監督・演出家
モデレーター: 川上未映子/小説家
パネリスト: 河鹹照/映画監督、ヤマザキマリ/漫画家・随筆家

配信YouTubeチャンネルはこちら。