4月29日、参院予算委員会で立憲民主党の蓮舫参院幹事長(右手前から2人目)の質問に答弁する安倍晋三首相(左)(写真:時事)

全国民も巻き込んだ「アベノマスク狂騒曲」が1カ月も続いている。

全戸へのマスク配布を言い出した安倍晋三首相は「効果はある。できる限り速やかに配る」と意地を張るが、与党内から「やらなければよかった」(自民若手)との自嘲の声も出る。

結果的に善政のつもりが大誤算となった安倍首相のいら立ちが、コロナショックに対する一強政権の狼狽ぶりも浮き彫りにしている。

マスク配布中止要請に必死の反論

アベノマスク関連の費用も含めた2020年度補正予算は4月30日に成立した。衆参両院でわずか4日間の審議の中で、野党側は「マスク配布は止めるべきだ」(立憲民主)と繰り返し要求したが、安倍首相は色をなして反論。その表情には「ここで引いたら、求心力も失う」との危機感がにじんでいた。

安倍首相が全住所への布マスク各2枚の投函を唐突に表明したのは4月1日のことだった。首相サイドは「すでに介護施設などに配布し感謝されていたとの成功体験が首相の背中を押した」と解説する。

しかし、ネット上では「エイプリルフール?」と揶揄する声があがり、布マスクの有効性への疑問や466億円も税金を投入することへの批判が相次いだ。配布開始直後には不良品が混入していることが発覚し、配達作業も中断。「相次ぐ不手際や疑問」(自民若手)が国民的な不興を買った。

政界で「10万円政局」と揶揄された前代未聞の補正予算案の組み替えにより、国会審議は1週間遅れとなった。論戦の舞台となった4月28日の衆院予算委では、立憲民主の大串博志氏がアベノマスクを厳しく批判し、反論する安倍首相との感情的なやり取りに、委員会室も一時騒然となった。

大串氏は、質問開始時には配布された布マスクを着けていたが、途中で「息苦しいから外した」と発言。これに対し安倍首相は「意図的に貶めるような発言はやめていただきたい。私はずっとしているが、全然苦しくない」と気色ばんだ。

大串氏は大量の不良品発覚で配布が中断していることを挙げて、「まだ4%しか配られていないのだから、ここでやめてもっと大事なことに予算を振り向けるべきだ」と追及。安倍首相は「黙って聞いてください。国民の手元に届くことで、(不織布などの)マスクが値崩れしているとの評価もある」などと反論した。

マスクを受注した「ユースビオ」の正体

安倍首相の言うとおり、一部地域で通常の不織布マスクが一時より低価格で出回り始めているのは事実だ。このやり取りを聞いていた石破茂元自民党幹事長は大串氏の追及に小さくうなずきつつ、安倍首相の剣幕には首を傾げる場面もあった。

そもそもマスク配布が批判されたのは、妊婦用として先行配布された布マスクに髪の毛の混入や黄ばみ、カビなどの不良品が大量に見つかり、配達が中断したからだ。しかも、政府が納入業者の選定や契約金額について説明を渋ったことが、「裏に利権があるのでは」という疑念につながった。

厚労省は4月21日、興和や伊藤忠商事など受注した3社の社名を公表したが、もう1社は公表しなかった。だが、4月27日、残された1社が福島市の「ユースビオ」という中小企業であることを明らかにした。

ユースビオの社長は急きょ各メディアの取材に応じ、ベトナムの業者からの輸入方法や国からの発注の経緯について、「何の問題もないし、不良品もない」と強調。併せて、政界との関連を否定したうえで、社名公表については「はじめから公表してかまわないと言っていた」などと説明した。

ただ、同社長が脱税で有罪判決を受け、執行猶予中であったことなどもあって、政府の一連の対応に疑問や不信感が広がった。

4月28日の国会審議では、加藤勝信厚労相が「この会社と、輸入の関係会社も、一緒くたの契約になっている」と答弁。さらに「3月16日に予備費で契約した。契約額は5.2億円」などと説明した。しかし、「経産省主体でやったこと」などと他省に責任転嫁するような歯切れの悪さも際立ち、安倍首相も苦々しげにやり取りを見守った。

さらに、アベノマスクへの批判が加速したのが、いわゆる「アサヒノマスク」騒ぎだった。安倍首相は4月17日の記者会見で、朝日新聞記者から布マスク配布への批判を指摘された際、「御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたと承知している」と皮肉交じりに答えた。

たしかに、朝日新聞社の運営する通販サイトで2枚3300円の「高額布マスク」が販売されていた。首相発言の直後からネット上では「ぼったくり!」などの書き込みが殺到したが、このマスクは繊維どころで知られる大阪府泉大津市と地場メーカーなどが立ち上げた「泉大津マスクプロジェクト」の一環として、当地の老舗繊維企業が作った手作りマスクだったことが判明。2枚3300円も定価どおりだった。

結果的に「不安をドバっと広げる」

このため、政界では「首相が周辺からの伝聞情報を鵜呑みにして、朝日に反撃したが、結果的に自らへのブーメランになった」(国民民主幹部)と揶揄された。しかも、4月22日には泉大津市長が官邸を訪問、応対した首相補佐官に「一つひとつ手作りで四層式。抗菌力に優れていて150回洗っても使える」などとアピールし、実物を首相用に進呈した。首相がつけてみたかは不明だが、その後「アサヒノマスク」への言及は避けている。

アベノマスクは、いわゆる官邸官僚が「国民の不安がぱっと消えます」と提案して安倍首相が乗ったというのが定説だ。ネット上では「なんでも官邸団」などと揶揄されており、その後のドタバタ劇もあって「結果的に、『ぱっと消える』どころか『不安をドバっと広げる』ことになった」(立憲民主幹部)ことは否定できない。

ネット上では、民放の人気番組に絡めたなぞかけで「アベノマスクとかけて森友、桜と解く その心は口封じ」などと揶揄する書き込みもあふれている。ただ、こうした批判や不評が、政治決断した安倍首相を「引くに引けない気持ち」(政府筋)に追い込んだともみられる。政界関係者は有名なお菓子のキャッチコピーを引用して「やめられないとまらない、だね」と皮肉交じりに首相の心境を解説する。

これほど騒ぎになったアベノマスクなのに、首相を支えるはずの閣僚や与党議員のほとんどが、同じ布マスクは使用していない。予算委で「つけないのか」と水を向けられた首相の盟友の麻生太郎副総理・財務相は、自前のマスクをずり上げながら、「まだ届いていないので」と薄笑いを浮かべてとぼけた。与党内には「こればかりは忖度できない」(自民若手)との声も漏れてくる。

いま、永田町などで「アベノマスクは流行語大賞の有力候補」との声も広がる中、カラオケ定番の名曲「時代」のフレーズ「あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ」を思い浮かべる向きも少なくないという。

しかし、今回のアベノマスク狂騒曲の記憶は、「とても笑い話にはなりそうもない」(閣僚経験者)。もし、感染拡大阻止に失敗して安倍政権が終われば、「アベノミクスで始まり、アベノマスクで終わった」とも言われかねない。

安倍首相も、歌の続きのように「だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう」という心境にはなれそうもなさそうだ。