未曽有の事態の中で、Jリーグ再開に向けて尽力する村井チェアマン。写真:Jリーグフォト

写真拡大 (全4枚)

 JリーグとNPB(一般社団法人日本野球機構)が設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」は4月23日に、6回目となった。
 当初は、様々な制限は設けられたとしても、再開のキックオフはそう遠くはないと思われていた。しかし初めて同会議が行われた3月3日が、もうずいぶん前の出来事に感じられるほど、スポーツと、未知で手強いウイルスとの闘いは厳しい展開に持ち込まれている。

 Jリーグは多くの競技団体が活動休止をするこの間、リモートワークを最大限活用し活発に動き、発信を続けて来た。会議の実数も大幅に増加し、全国に拠点を置く56クラブの連帯感も強まっているかに映る。

 今年、川淵三郎氏(83歳)と並ぶ長期となる4期目のチェアマンに就任した村井満チェアマン(61歳)は、「スピード感」と、「自らの言葉で伝える」を信念に、未知の難局をけん引する。試合がいつ終了するか、まだ見えない。しかし専門家から直接ウイルスに関する情報を得る機会を設け、ファン、関係者、社会に対し、ともすれば公開されない、「再開のために何が必要か」といったこれらの情報も、いち早くオープンにする。

 緊急事態宣言による自粛、規制が続く現時点で、チェアマンは「この段階では、無観客試合も想定しなければいけない」と、これまでスタジアムの収容率50%に削減した中での実施を考えたシミュレーションを今後、無観客でも行なう方針を明らかにしている。世界中でサッカーのない週末が続くなか、Jリーグはどう再開するか、出口への構想をインタビューで聞いた。

――――――――――◆――――――――――◆――――――――――

――この何か月か、経験のない困難にどう立ち向かおうと考えていましたか。

村井チェアマン(以下敬称略) 私たちはルールを守ってサッカーをしますし、規約を尊重して組織運営に当たってきたわけです。ところがこの新型コロナウイルスで起きる事案には、そういったルール、規約の解釈で積み重ねた前例や経験が全く通用しません。毎日、ともすれば朝と晩でさえ、瞬時に事態が変わってしまう。このウイルスが国境、県境、人間関係やコミュニティ、あらゆる垣根を次々と越えてしまう脅威を感じています。
 
――そうした中で、感染状況も行政も異なる56クラブの方向性を、どうやってまとめて来たんでしょうか。

村井 感染症としての怖さだけではなく、僕はこのウイルスが人間関係、コミュニティの分断に襲いかかってくるウイルスではないかと思っている。相手が、こちらを分断させようと来るなら、私たちはそれに絶対に負けない団結、結束力で立ち向かう。先ずはこう決意しました。オンラインでの会議を行なう不自由も、始まる前には想定したのかもしれない。しかし実際には、オンラインだからこそ、月1回集まっていた全クラブの実行委員が、この2か月ですでに8回も会議に参加している。理事会も同様です。

――クラブの多さはむしろ連携の強みに?

村井 この活動休止で各クラブそれぞれに困難を抱えている。そうした中、議論し、再開に向かって感染予防という同じ方向を見て来ました。各クラブとの連携が、これはいい意味での「密」になったと実感しています。

――事務局はどうでしょう。早くからリモートワークに変えています。

村井 オンラインのおかげで、多くの会議にちょくちょく顔を出せるようになって、なるほど、と僕自身が学ぶ機会が増えたかな。これまでもオープンに報告はされてきましたが、実際に話を聞くと、為替のちょっとした動きがJリーグの運営にこれほど重要な影響をもたらすなど改めて深く知るようにもなった。
 
――4月23日、6回目の連絡会議を終え、非常事態宣言が続く場合、再開はまた厳しい状況となり、無観客試合を模索する必要性についても言及していました。